ロナセン錠2mgに該当するQ&A

検索結果:118 件

錐体外路症状の解消に向けた処方の変更と、ロナセンの薬理効果について

person 30代/男性 -

 現在、トレドミン25mg 1日4錠、デパス0.5mg 1日2~3錠、アキネトン1mg 1日3錠、ロナセン2mg 1日2錠、シクレスト5mg 1日1錠、ルネスタ1mg 1日2錠を処方されているのですが、このうち、ロナセンを2mg1日1錠、シクレスト5mgを1日2錠に変更して、ロナセンの副作用からくると思われる錐体外路症状を解消しましょうという、主治医からの提案があったのですが、僕が、これまで薬を飲んできた中で、朝にロナセンを4mg1錠飲むというのは、単に幻聴に対する対処という意味合いのみではなく、胸のあたりの不穏感を予防したり、スムーズな思考活動を阻害するのを助けたりといった、別の大きな意味も、服用していく中で、かなり感じていたりしました。そのため、前述のような処方に変更してしまうのは、僕としては、かなり不安なのですが、ロナセンの薬理効果には、胸のあたりの不穏感を予防するような効果も兼ね備えているのでしょうか。  つい先日から、朝にロナセン4mgを服用していたのを、朝2mg、夕方2mg(あるいは昼2mg)といった感じに、少し、おっかなびっくり試しているのですが(主治医はそれでも構わないと言っている)、精神医学的に、重要だと考えているのは、あくまでも、薬の血中濃度が一定に保たれているということ…ということなのでしょうか。  どうも、私の実感覚としては、この視神経と手足の末梢神経が連動しづらい感じになり視野狭窄っぽい視野の狭さが出てくる症状というのは、単なる錐体外路症状とも異なるような気がしているのですが。

3人の医師が回答

抜け毛とパニック発作

person 10代/女性 - 解決済み

1.統合失調症の娘が1か月ほど前から大量に毛が抜けて心配です。現在1日ロナセン12mgで体調もよく安定しています。頓服でリーゼ、アキネトン、デエビゴが処方されています。風呂上がりにクシでとかしたり、ドライヤーをかけると大量に毛が抜けます、部屋にも抜け毛がすごいです。頭皮を見ても円形脱毛症はできていません。以前円形脱毛症になったことがあるし、このままだと剥げないか不安です。高プラクチンによる抜け毛でしょうか?薬を変えた方が良いのでしょうか? 2.昨晩一人で美容院に行った娘が、帰宅後の夜8時ごろ急にパニック発作の様になり、夜の薬ロナセン8mg、リーゼ1、アキネトン1、服用後も治まらず体を左右に揺さぶり、死にたいもうだめだ、ヤミキだからなどと言い頭をかきだしました。その後部屋中をウロウロしだしました、リーゼ2錠とデエビゴ1錠を追加で飲ませた後少し落ち着きその後就寝しました。20分くらいの出来事ですが発作のようでした。初めてのことでどう対処していいかわからず、薬を沢山飲ませてしまいました。このような時どう対処したらよいでしょうか? 宜しくお願い致します。

4人の医師が回答

音楽の歌詞が無意識のうちにリフレインして、動きがぎこちなくなるという症状について

person 30代/男性 -

 現在、トレドミン25mg 1日4錠、デパス0.5mg 1日2~3錠、アキネトン1mg 1日3錠、ロナセン2mg 1日2錠、シクレスト5mg 1日1錠、ルネスタ1mg 1日2錠を処方されているのですが、日常生活を送っていく中で、時折、自分が昔、聴いていた音楽の歌詞が、視野が狭まったりする感覚や、体の動きがぎこちなくなる感覚と共に、自分の顕在意識上or無意識の中で、強烈に(自分ではコントロールすることができない意識の中で)、リフレインするようなことが起きてくることがあるのですが、この症状は、ただ単純に、音楽に接する時間(音楽を聴いたり、歌ったりする時間)を減らせばよいという問題なのでしょうか。  これまで、胸のあたりの不穏感を感じた時に、薬を飲んでも効果がなかったのが、明るい音楽を聴くことによって助かったり、音楽の歌詞やメロディーに助けられた経験が、それなりに多くある自分としては、単純に、音楽から離れれば離れるほど良いという結論にも至りづらい側面が、どうしてもあります。以前、主治医にも、似たような質問をしたことがあるのですが、「それはわからないですね。」という回答でした。  そういった背景もあり(コロナの影響もあるのですが)、カラオケに行くのを躊躇したり、音楽を長く聴くことは、なるべく避けようという意識が働いております。  また、症状が発症した当初、「心因反応」と診断されたのですが、その時のゾッとするような恐怖感を、音楽で乗り越えたような体験・経験があるため、そこが、乗り越え切れていないorトラウマ体験となっているがための症状である可能性もあるのかなとも、考えております。このような症例というのは、他の人にもあるものなのでしょうか。

2人の医師が回答

心身症めいた症状に対する対症療法としてのリモートワークの頻度について

person 30代/男性 -

 現在、トレドミン25mg 1日4錠、デパス0.5mg 1日2~3錠、アキネトン1mg 1日3錠、ロナセン2mg 1日2錠、シクレスト5mg 1日1錠、ルネスタ1mg 1日2錠を処方されており、先日、実質的に、一応、内定をいただいた企業が一社あるのですが、「幻聴やそれに伴う、反応的な個人的思考・感情」という「想像上の世界」と、「噂や悪口などの実際の声(音)」にもとづく「現実の世界」で起こった出来事との「心的体験(心的経験)のある種の混同」が、未だに、続いているような気がしていて、心理検査によれば、この「想像上の世界と、現実の世界との混同が生じてしまっている」ために、さまざまな心身症的な症状が発生してしまっているのでは?と、指摘を受けたが、このことと、「外界の刺激の少ないリモートワーク」や、同じ会社に居るのでも、「会社内が静かな環境」であることと言うのは、この「混同」を生じる発生確率から考えても、ある程度、重要な部分があると考えているのですが、その場合、仕事に慣れるまでは出社するといった前提条件が「ある」よりは「ない」ほうが望ましいし、リモートワークの頻度は多ければ多いほど、望ましいと言い切ることができるのでしょうか。  実際の「対面でのコミュニケーション」を取ることによるメリットや、会社に「出勤」することによるメリット、たとえば、「引継ぎがしやすい」や「質問がしやすい」・「コミュニケーションが取りやすい」など、働く上において、リモートワークとはまた違ったメリットもあると考えているのですが、精神医学的には、どのように考えられるのでしょうか。やはり、一種のプレッシャーによる心身症(視野が狭まり、視線と腕や手との連動関係が崩れるような感じの症状)めいた症状が出てしまう時がある以上は、できる限り、フルリモートに近い労働環境を選ぶということが重要だと考えるのでしょうか。

2人の医師が回答

「視野狭窄に類似した症状の改善方法について」の追加相談

person 30代/男性 -

 現在、上記(ロナセンは錠剤に固定)に加えて、アキネトン1mgを副作用止めとして3錠処方されているのですが、この状態でも、WEB面談を1時間以上行った後などに、「視野が狭まる」ような感覚に陥り、その面談内容の記憶が飛んでしまうなどのケースが生じてしまっています。  以前は、パソコンスクールに行った後や、整体院に行った後などに、これに類するような症状が、明らかに顕著に現れてしまっていたので、一応、症状としては、改善傾向にあると言えなくもないのですが、結局、「日常生活における外部環境の変化率」が高いと、このような症状に陥ってしまう場合と、心理検査などを受けて、「自我に関わりがありそうな絵に対する自分なりの解釈」をした後などに、このような症状に陥ってしまう場合の二つのケースがあり、外部環境の変化に弱いのかor自分自身の中の内部感覚(内部情報)の変化に弱いのかが、いまいち、定まりきっていないため、どのような業務性質の仕事が、最も症状が出る確率が低いのかを読み切れていません。  これまで、経理の月次作業のようなルーティーンワークのようなものをメインのキャリアにしておりましたが、「変化」が起こりづらい業務性質であるにも関わらず、何度も、体調不良でリタイアしてしまいました。  思い切って、ルーティーン作業が多いとは限らないPMOアシスタント(プロジェクトマネージャーのアシスタント的なポジション)的なポジションにて、選考を進めているのですが、「続けられる勝算」が最も高いポジションは、精神医学的に見ると、どのようなポジションになる可能性が高いのでしょうか。(他に候補として挙げられるのは、監査アシスタントや、法務、システムエンジニア、人事労務などを考えています。いずれにしても、リモートワークを併用できることを前提条件として考えております。)

4人の医師が回答

統合失調症 副作用 離脱症状

person 60代/男性 - 解決済み

統合失調症の診断で、40年近く通院治療うけてます。 長らく(10年近く)     セレネース0.75mg3錠     ルネスタ2mg 1錠 で落ち着いてました。 昨年10月手の震えを主治医に訴えた事により、 下記処方変更されました。 2019年 10/14 セレネース0.75mg 3錠     ロナセン4mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 10/18 セレネース0.75mg 3錠     ロナセン8mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 この頃から、色々な事に対する異常な拘りと言うか、不安感が強くなって来ました。その後も下記の様な処方変遷で、症状改善せづ、悪化しました。 11/1 セレネース0.75mg 2錠     ロナセン8mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 11/29 ロナセン8mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 アキネトン1mg 3錠    セディール10mg 2錠 12/ 6 ロナセン4mg 2錠 ロナセン2mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 アキネトン1mg 3錠     セディール10mg 2錠 12/13 上記+セルトラリン25mg 1錠 このあとは、字数の兼ね合いで、追加質問に記載させて頂きます。 まず、ここまでの処方推移をご覧になった率直なご意見をお聞かせ頂きたいです。 主治医は、「症状の悪化は薬の増量による副作用ではないか。」という質問に、その様な処方はしてない。議論の必要も無いととりあって貰えませんし、処方変更した納得のいく説明もしてくれません。不安なのは、短期間の薬の変化増量で脳に大きなダメージを与えられ、元に戻らないのではないかと言うことです。 苦しいです。

3人の医師が回答

統合失調症 症状の固定

person 60代/男性 - 解決済み

お世話になっております。 既に今件に関して別途質問させて頂き、親身なアドバイスを頂いております。 今回是非お聞きしたいのは、下記内容で悪化した今の症状である、極度の不安、集中力の欠如、希死念慮そして直近では耳鳴り、ムカつき、頭の芯がボヤーとした感覚等の症状が、このまま固定してしまうのではないかと言う不安です。 統合失調症の診断で、40年近く通院治療うけてます。 長らく(10年近く)     セレネース0.75mg3錠     ルネスタ2mg 1錠 で落ち着いてました。 昨年10月手の震えを主治医に訴えた事により、 下記処方変更されました。 2019年 10/14 セレネース0.75mg 3錠     ロナセン4mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 10/18 セレネース0.75mg 3錠     ロナセン8mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 この頃から、色々な事に対する異常な拘りと言うか、不安感が強くなって来ました。その後も下記の様な処方変遷で、症状改善せづ、悪化しました。 11/1 セレネース0.75mg 2錠     ロナセン8mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 11/29 ロナセン8mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 アキネトン1mg 3錠    セディール10mg 2錠 12/ 6 ロナセン4mg 2錠 ロナセン2mg 2錠     ルネスタ2mg 1錠 アキネトン1mg 3錠     セディール10mg 2錠 12/13 上記+セルトラリン25mg 1錠 2020年に入り、多少の処方見直しが有り、最終的に4/中旬にセレネー0.75mg 3錠、ルネスタ2mg 1錠 に戻り、1週間前にレキサルティ1mg追加になりました。 症状の改善が感じられません。

2人の医師が回答

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

全ての回答閲覧・医師への相談、
どちらもできて月額330円(税込)

今すぐ登録する
(60秒で完了)