柴胡疎肝湯に該当するQ&A

検索結果:5 件

体のピクつきと右足の歩きづらさ

person 30代/男性 -

先月10月8日から右足に力が入りづらかったり、坐骨神経が出たり、腕や足、時にはお腹の筋肉がピクつくという症状があり、神経内科にかかり血液検査と腰椎と脳のMRI検査を受けました。 検査結果は腰椎の4番と5番の間に嚢腫があり、血液検査と脳のMRI検査は問題なしでした。 整形外科を紹介してもらい、診察の結果、嚢腫は様子を見ながら、保存療法ということになりましたが、11月18日に改めてMRI検査を受けたところ嚢腫は自然消失しておりました。 にもかかわらず、歩く際に右足が突っ張る感じや身体中のピクつきは治りません。 腰の痛みはだいぶ治りましたが、まだ少し痛みます。 毎日ウォーキングをしてますが、歩いた後に右の足首にピリピリとした痺れが出ることもあります。 インターネットで症状を検索するとALSの初期症状が出てきて非常に不安です。 神経科医の先生からはALSの可能性は低いと言われてましたが、嚢腫が消えた後も症状が改善しないことで心配でなりません。 筋肉の萎縮がないか、確認しつつ、毎朝のラジオ体操を日課にしました。 ウォーキングも1日8000歩〜10000歩くらい歩くのを日課にし、11月に入ってからですが、少なくとも2週に1回はジムに行ってウェイトトレーニングをするようにしました。 10月9日からお酒をやめて、健康的な食生活に変えたせいもあるかも知れませんが、10月16日の体重67.4キロから、本日11月22日に64.7キロまで落ちており、落ち幅が大きい気がします。 投薬は漢方の疎経活血湯と柴胡加竜骨牡蛎湯を1日3回飲んでいます。 毎朝ビタミンB、C、D、カルシウム、ヘム鉄を始めとしたサプリメント、夜は寝る前にメラトニンを飲んでいます。 身体のぴくつきや体重の減少がALSの初期症状ではないか本当に心配です。