NO IMAGE

ツロブテロールテープ2mg「日医工」

日医工
NO IMAGE

気管支平滑筋のβ2受容体を刺激することで気管支を拡張させます。通常、気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺気腫の気道閉塞性障 ... 続きを見る 害に基づく呼吸困難などの諸症状の改善に用いられます。

製品一覧

  • 0.5mg1枚
  • 1mg1枚
  • 2mg1枚

関連するQ&A

Q

咳が止まりません。喘息ですか?

person 30代/女性 -

3/26頃から咳が止まりません。 ネットで呼吸器科のある病院を受診し、レントゲンを撮って、内診しましたが、はっきりとした病名がわかりません。 処方された薬を飲むと、副作用で動悸や手の振るえ、めまいのような症状が出ます。 薬剤師さんに連絡すると、テオフィリン徐放錠を飲むのを止めてみてくださいと言われました。 手の振るえはなくなりましたが、動悸とめまいのような症状は変わらず出ます。 一週間後に再度受診したときに、医師に副作用のことを伝えると「それは仕方がないこと。副作用のことは薬剤師から説明なかった?」と言われました。 特別、副作用についての説明はありませんでした。 そして同じ薬が二週間分出され、薬局へ行くと、薬剤師さんに「同じ薬が出てるけど、副作用のことは医師に伝えましたか?」と言われました。 医師と薬剤師の連携が取れてないんじゃないかと不信感が出てきました。 また、副作用が出るのは仕方のないことなんでしょうか? 咳も結局治っていません。 他の病院を受診したほうがいいのでしょうか? 処方された薬 テオフィリン徐放錠100mg「日医工」 コルドリン錠12.5mg ムコトロン錠250mg ツロブテロールテープ2mg「サワイ」 メプチンキッドエアー5ug吸入100回 (30代/女性)

2名が回答 呼吸器・喘息
Q

気管支喘息と診断されましたが微熱の原因が分りません

person 20代/女性 -

咳と37.0~37.5度の微熱?熱?が続いています。 呼吸器科を受診したところ、気管支喘息と診断されました。 しかし、先生より、気管支喘息と微熱は関係ないと言われ、一体微熱の原因は何なのだろうと心配しています。 咳はあまりタンはからまず、ヒューヒューぜいぜいといった息苦しさはありません。喉が痛かったのは、1/4以降数日間のみで、現在はのどの痛みはありません。普段は比較的咳はおさまっているのですが、一度咳が出始めると顔が真っ赤になるほど咳が続きます。身体のだるさはあまりなく、節々の痛みもありません。経過は下記の通りです。 1/4 喉の痛みを感じ、咳が出始める。38度以上の発熱。食欲なし。 1/6 熱は下がり、食欲もあるが、咳は止まらず。 1/17 咳が長引いているため、内科受診。熱は病院で計測すると37.4度ありました。下記の処方薬をもらいました。 ●C-チステン錠250mg ●アストミン錠10mg ●クラリスロマイシン錠200mg「サンド」 ●ツロブテロールテープ2mg「日医工」 1/18 症状改善せず。37.2度の微熱?発熱?あり。 1/20 37.1度。呼吸器科受診。気管支喘息と診断。肺炎や結核の可能性をききましたが、ないと言われました。レントゲンと、呼吸を測定する検査?と採血をしました。採血は結果は後日らしいです。 1/7~16は体温は計測していません。1/17に37.4度の熱があったときも、熱っぽさや身体のだるさはあまり感じていなかったので、それより以前から微熱はあったのかもしれません。 咳と熱は先生がおっしゃるように関係のないものなのでしょうか。それだとしたら、長く続く微熱の原因はどんなものが考えられるのでしょうか。 なんだか気管支喘息という診断結果に納得できていない感じなのですが、処方された喘息の薬は飲んだほうがいいのでしょうか。 (20代/女性)

1名が回答 呼吸器・喘息
Q

気管支喘息と診断されましたが微熱の原因が分りません

person 20代/女性 -

咳と37.0~37.5度の微熱?熱?が続いています。 呼吸器科を受診したところ、気管支喘息と診断されました。 しかし、先生より、気管支喘息と微熱は関係ないと言われ、一体微熱の原因は何なのだろうと心配しています。 咳はあまりタンはからまず、ヒューヒューぜいぜいといった息苦しさはありません。喉が痛かったのは、1/4以降数日間のみで、現在はのどの痛みはありません。普段は比較的咳はおさまっているのですが、一度咳が出始めると顔が真っ赤になるほど咳が続きます。身体のだるさはあまりなく、節々の痛みもありません。経過は下記の通りです。 1/4 喉の痛みを感じ、咳が出始める。38度以上の発熱。食欲なし。 1/6 熱は下がり、食欲もあるが、咳は止まらず。 1/17 咳が長引いているため、内科受診。熱は病院で計測すると37.4度ありました。下記の処方薬をもらいました。 ●C-チステン錠250mg ●アストミン錠10mg ●クラリスロマイシン錠200mg「サンド」 ●ツロブテロールテープ2mg「日医工」 1/18 症状改善せず。37.2度の微熱?発熱?あり。 1/20 呼吸器科受診。気管支喘息と診断。肺炎や結核の可能性をききましたが、ないと言われました。レントゲンと、呼吸を測定する検査?と採血をしました。採血は結果は後日らしいです。 1/7~16は体温は計測していません。1/17に37.4度の熱があったときも、熱っぽさや身体のだるさはあまり感じていなかったので、それより以前から微熱はあったのかもしれません。 咳と熱は先生がおっしゃるように関係のないものなのでしょうか。それだとしたら、長く続く微熱の原因はどんなものが考えられるのでしょうか。 なんだか気管支喘息という診断結果に納得できていない感じなのですが、処方された喘息の薬は飲んだほうがいいのでしょうか。 (20代/女性)

1名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
気管支拡張剤
メーカー
日医工