すべて

弛張熱に該当するQ&A

Q

4日間、38度以上の発熱(昼間は37℃台の弛張熱)が続いた後、悪心で、食事が十分に摂取できず、また、全身倦怠感とふらつきがあったために、受診をしました。 血液検査が行われたのですが、これまでずっと基準値内であった、AST値とLD値が、基準値よりも大分高くなっていました。(AST:39) (LD:306) ALT値だけは、基準値内でした。 数年来、抗生剤(クラリス)とパリエットを服用しているのですが、薬剤性の肝障害の可能性は考えられますでしょうか。 アルコールは一切頂きませんし、BMIも17.5ぐらいで、血圧も正常です。ただ、中性脂肪値だけは、いつも高値です。また、肝臓に、小のう疱があります。 上記数値が、突然高くなってしまった考え得る原因について、また、現在服用している薬剤の中断について、主治医と相談するべきかどうか(次の予約が大分先であるので)、ご教示頂ければ幸いです。 (50代/女性)

Q

4才の娘が8月4日(月)の夕方から38.5℃の発熱、日中は37.5℃で元気にしており、特に風邪症状もなかったので、小児科受診はせずにおりました。8月5日(火)の夜になると38℃~39℃の発熱、同じく翌朝から微熱程度となり日中は元気。8月6日(水)も同じ繰り返し。時々『グホン!』と変な咳はしておりましたが、一日に2回咳程をするぐらいで、喉の風邪?とまでは気にならず…。弛張熱っぽかったので、8月7日(木)午前中に個人の小児科受診。『夏風邪でしょう。』との診断にて、セフゾンとアスベリン散、カルボシステインDS、アレジオンDS、4日分の処方を受け、熱が高い時は、自宅にあるアンヒバ座薬を使用するように言われました。そして、現在8月8日(金)深夜から早朝にかけて39.7℃の発熱。昨日も総合病院に行こうか悩みましたが、受診の頃には37.1℃でしたので、ひとまず個人医院を受診しました。生後2ヶ月の頃に、川崎病で入院歴もあり、今は一年に一回の心臓エコーのみで、特に内服もしておらず、そのむねもお伝えしたのですが…。『熱が上がる子はもっと上がるしねぇ…。とりあえず内服で様子を観てください。』とのことで、採血をして下さい。とは言えませんでした。今日で発熱から5日目になります。日中は元気なので、食欲はいつも通りからやや少なめといったところで、水分もしっかり摂れてはいます。このまま様子を観ていていいものなのでしょうか?宜しくお願いします。 (30代/女性)

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。