その他の腫瘍用剤に該当するQ&A

検索結果:10 件

膵臓癌肝転移について

person 50代/女性 -

膵臓癌肝転移の告知されてから現在約一年経過。現在セカンドラインの抗がん剤治療中です。 最近腹痛が頻繁にあり。追加検査はなく採血、痛み止めを出されるのみ。 でも痛みどめを飲むことにためらいあり。慣れてしまったら、医療用麻薬のような強い薬になっていくのが不安。 なので、痛くても痛み止めをあまりのまないようにし我慢している。 今までは抗がん剤をずっとやりながら普通に元気にいつも通りの生活をしていたが、最近この痛みが急に出てきたので、生活に支障あり。 ●この痛みの原因は何か 癌がおおきくなっている等の原因? どんな原因が考えられるか。 ●痛み止めはどんどん飲んでもいいのか、我慢できるなら飲まないほうがいいのか。 ●動注療法について 肝臓あるいは膵臓、動注治療を検討しているが今の現状可能か?効果を見込めるか。 ●今現在抗がん剤の他にやれることはないか?保険治療、自由治療何でも良い。 ●分子標的薬は通常抗がん剤より効果が高いのか?現在ゲノム結果待ち。 もし適応があれば、今の抗がん剤を一旦やめてそちらを先にやるのがいいのか、次にやるのがいいのか。 ●腫瘍マーカーはどれほど参考にしたら良いか。最初3桁だったのが2月CTは10000超えていたが、数値が高いとゆうことは悪化してるということか? 痛みさえなければ普通に何でもできる状況。回答お願いします。

4人の医師が回答

目の黄ばみ?それとも黄疸?

person 50代/女性 -

トリプルネガティブ乳癌、抗がん剤半年し、手術、明日で術後2年10ヶ月です。 術後はさらに半年間のゼローダと放射線をし、放射線終了から来週で2年1ヶ月が経ちます。 発覚時MRI.CT.PET.エコーから しこりは3.3センチ 、明らかなるリンパ転移は一つ その他腫れてる所が2箇所ほどあるが癌細胞かはわからない。 ステージ2b トリプルネガティブ。 その後すぐEC療法、パクリタキセル。最後のパクリから1週間後術前の判定の為MR I、エコー、マンモを受け、結果画像でリンパ全て正常。 胸のしこりがあった部分は画像ではあまりわからなくなり、pcrとcrの間。 病理検査でガン細胞が消えてるかみてみる、消えている可能性もあると言われていましたが、、 結果胸のしこりは1.5 センチ、リンパの方は1.2 センチが一つずつ残る。 その他リンパのはれていた部分からは癌細胞はなく瘢痕化した後がある。 ので抗がん剤は効いた。 きいたが完全奏功にはなりませんでした、 抗がん剤効果の判定は2a。断片陰性。 術後の病理で目で見えるガン細胞はなく、染色液で染めて癌細胞を見つけたと言われ、再発リスクを減らす為術後にゼローダを半年服用し放射線をしました。 ※ここでお聞きしたいのですが、 白目が黄ばんでいる?ような感じです。癌が転移していて黄疸がでている可能性は考えにくいですか??少し充血?血管も見えたり、黒目横がぷっくりしていて白目が黄色用に見えます。 一年に一度腫瘍マーカなど細かい血液検査、半年に一度エコー、しておりつぎは来年1月末に血液検査があります。今まではなにも問題なし。 体の不調はなにもなく、すごく元気山登りや、孫のお世話や生活も毎日不便なくできてます。 黄疸がでるようであれば体の不調はなにかしら感じますか?

3人の医師が回答

耳鳴りの再発について

person 50代/男性 - 解決済み

お世話になります。 10日位前から右耳の耳鳴りが治りません。 また、左耳よりも若干音が篭って聞こえる気がします。聞こえなくは無いです。 めまいや立ち眩みはありません。 雑音がする部屋、何かに集中している時は全く気になりませんが、事務所や就寝前、運動後は気をそらさないとストレスを感じる程の音量が消えません。 ずっと「キーン!」と言う金属音です。 10日前、耳鼻科では「鼓膜は綺麗」と診断されましたが、その他の見解はありませんでした。 先程から「再発」と記載しているのは、6年位前に、右耳が突発性難聴になり、その際、低音聴力の低下と酷い耳鳴りに悩まされて、ステロイド、イソバイドやビタミン剤を2週間処方されたが、耳鳴りは改善せず、MRIでも聴神経に腫瘍等異常は無く、結局、心療内科でセパゾンとゾルピデム(眠れない時用)を処方されました。 それから一年続ける頃には、耳鳴りに体が慣れる状態になりました。 気にすれば鳴りっぱなしですが、気にしないで過ごせてました。 なので、今回は6年振りの再発、と言う状態です。 ちなみに今は耳鳴りのせいで眠れない事はありません。 この状態なのですが、直ぐに耳鼻科に行く必要はありますか? 今までの経験値から、またいづれ慣れるかな〜と言う気持ちもあります。 1ヶ月前から酷い副鼻腔炎になり、今その治療をしている最中に再発しましたが、副鼻腔炎と関連はありますか?

3人の医師が回答

3日連続の頭痛(5歳児です)

person 乳幼児/女性 - 解決済み

5歳の子供の頭痛について、ご意見うかがいたいです。 一昨日より、3日連続で頭痛を訴えております。 初日の頭痛は、幼稚園にて起きた為、持続時間等は不明なのですが、おでこが痛かったとのこと、2日目の頭痛は、午前中におでこが痛い(右側)と訴え、冷やしながら少し横になっていたところ、そのまま、寝入りました。ところが、1時間ほど経って、目を覚ましたときに、再び痛みを訴え、泣いておりました。3日目は、お昼間で、おでこより少し耳寄りのあたり(右前頭葉のあたりかと思います)が痛むとのことでした。 痛むところをおさえておりましたが、泣くことはなく、話をすることや、体を動かすこともできておりました。 病院の受診については、一週間ほど前から、鼻水の量が多くなり、耳鼻科を受診していた為、副鼻腔炎を疑い、2日目の頭痛がでたときに、連れて行きましたが、蓄膿の症状はあるものの、部位が、副鼻腔炎とは、少し違うので、ぐったりしたり、痛みがひどくなるようなら、小児科を受診するように言われました。 ひとまず、今は蓄膿治療用に抗生剤を飲んでいるところです。 明日、明後日にも病院を受診したいと思っているのですが、時節柄、果たして今、連れて行くべきなのか、それとも、もう少し、様子を見てからにしたほうがよいのか、教えていただけるとありがたいです。脳腫瘍やその他、大病ではないのか心配しておりますが、病院を受診すれば、子供でも検査をしていただくことは可能でしょうか?また、このような頭痛の場合、どういった病気が考えられるのでしょうか?

5人の医師が回答

抗がん剤後の副作用、肝臓について

person 50代/女性 -

今年5月に乳がんで右胸を全摘し、7月下旬~10月上旬まで抗がん剤治療(TC)を4クール行いました。抗がん剤が始まってから、血液検査での肝臓の数値が上限値を超えており、4クール終了後は下がったので様子をみようと思っていたのですが、また昨日がんとは関係ない他の目的で血液検査をしたところ数値が上がり気になっています。 2クール目抗がん剤当日の朝の血液検査 :AST 34 ALT:60 3クール目抗がん剤当日の朝の血液検査:AST 37 ALT:66(2クール目から3週間後) 4クール目抗がん剤当日の朝の血液検査 :AST 35 ALT:52(3クール目から4週間後) 4クール目の1か月後 :AST 32 ALT:43 4クール目から1か月2週間経過後:AST 50 ALT:55  (昨日) 乳腺外来の診察は1か月後なのですが、このまま1か月様子をみていいのか、 早めに診察をしていただいた方がいいでしょうか。 また、数値を下げるため(これ以上上げないため)に日常生活で気を付けることがあれば教えていただければと思います。 抗がん剤をスタートしてから徐々に肌の湿疹、かゆみ、赤身が悪化しています。体はあかすりは刺激が強すぎて使えなくなったので手で洗っています。バスタオルでふくときにも気を付けないと、刺激があった場所はすぐに赤い線になったり赤くなります。また皮膚が例年の冬以上にボロボロはがれます(特に下腹部)。皮膚科に行くべきでしょうか。腫瘍内科で処方されたのは、頭皮用としてリンデロン、体用はレスタミンクリームです。これらを付けると痒みはとまりますが、リンデロンは強い薬だと聞きました。弱めの薬などはあるのでしょうか。 肝臓の数値が高いこととこれらの皮膚の症状は関係しているでしょうか。 ご返信よろしくお願いいたします。

3人の医師が回答

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

全ての回答閲覧・医師への相談、
どちらもできて月額330円(税込)

今すぐ登録する
(60秒で完了)