NO IMAGE

バクトラミン配合顆粒

中外製薬
NO IMAGE

細菌に必要な葉酸の生合成を阻害する成分と、葉酸の活性化を阻害する成分の2つの有効成分を配合することにより、相乗的に抗菌作用を示し ... 続きを見る ます。通常、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、複雑性膀胱炎、腎盂腎炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフスなどの一般感染症の治療や、ニューモシスチス肺炎の治療と発症抑制に用いられます。

製品一覧

  • 1錠
  • 1g

関連するQ&A

Q

2ヶ月で7キロ近い体重減少について

person 60代/男性 -

65歳の父のことで相談いたします。 ----------------- 既往歴です。 2008年 甲状腺疾患 (現在治療中。メルカゾール錠5mgとチラーヂンs錠50μgを7年前から服薬中で甲状腺機能は安定しておりました。) 2010年 脂質異常症 2012年 萎縮性胃炎 2014年 膜性腎症、バレット上皮  (尿蛋白は3+でしたが、薬開始後、現在は1+です。エースコール錠2mg  ペルサンチン錠25mg バクトラミン配合顆粒2g プレドニゾロン錠5m(1日5錠) タケプロンOD錠15mg リピトール錠5mg) ------------------  2カ月前に膜性腎症と診断あり一ヶ月入院。現在は自宅療養中です。週に約1キロずつ体重が減少しています。  入院直後は体重が増加したものの、治療のためのステロイド薬開始、その後の胃カメラ検査で絶食したあたりから減少が始まりました。退院し、食事をとっているにもかかわらず減少が続き、身長165センチ、53キロから45キロになりました。  摂取カロリーをさらに増やしても、一時的に増加するだけです。元々よく食べる割に痩せておりましたし、減少速度は徐々に緩やかになってきてはいるのですが‥。室温もほぼ一定で活動量も低いはずです。 何より、父の見た目や性格が急に変わりました。元気がなさそうで目を閉じたまま何もせず座っていることも多くなりました。食欲はあるようですが、力が出ないと訴えます。指の皮膚が乾燥、簡単な計算に悩む、もの忘れ、時々強い口臭など気になる症状もあります。 体重減少の原因は何が考えられますでしょうか? また、最新の尿検査結果で糖-から糖2+となっていたこと、バレット上皮や脂質異常症のことを考えると、エネルギーを確保するために脂質と炭水化物の多い食事を摂ることは他の病気になってしまわないのか心配です。考えられることを何でも構わないので意見をいただけませんでしょうか?よろしくお願い致します。 (60代/男性)

1名が回答 糖尿病

このお薬の分類

薬効分類
その他の化学療法剤
メーカー
中外製薬