NO IMAGE

ストミンA配合錠

ゾンネボード製薬
NO IMAGE

内耳の環境血流量を増加させるとともに、騒音刺激による内耳電解質変動に対して予防効果を示します。通常、内耳および中枢障害による耳鳴 ... 続きを見る りの緩和治療に用いられます。

製品一覧

  • 1錠

関連するQ&A

Q

耳鳴りの根治可能性と処方剤の適性

person 50代/男性 -

当方、53歳。もう1年近く右耳の耳鳴りが続いています。「キーン」という音です。耳も詰まる感じもたまにあります。昨夏、中度の難聴とも診断され、1000~4000~8000HZが40~50dbです(両耳とも)。処方薬として、「メチコバール500μg錠剤」「アデホスコーワ顆粒10%」を毎食後、「プレドニン5mg半錠剤」を朝晩、3週間服用後、まあ、多少は聴力も回復したとして、服薬も自己判断でやめそのままにしていました(気になって仕方ない、仕事もできない、眠れないというレベルでもなかったため)。その後、やはり個々数ヶ月気になるようになったので、先日再度通院(別の医院)。今度は、 毎食後「メチコバール500μg錠剤」「アデホスコーワ顆粒10%」を1錠、「ストミンA配合薬」を各2錠、「スルピリド50mg」を1錠調合されました。さすがに4種類を毎回では多いし、「スルピルド」は胃腸薬なので、自己判断で前回処方のなかった「ストミン」だけ飲んでいます。 (1)効き目あり、これらは効くのでしょうか?「ストミン」他は自分が飲んでいる高血圧剤(プロブレス2mg)の効き目を弱めると聞きましたが大丈夫でしょうか?(2)難聴は治らないとも聞きましたが、このまま直らないのでしょうか?薬を飲み続けなければならないのでしょうか。ここ8年以上、仕事以外に、親の介護や子供の不登校精神不安定からくる家庭不和など非常にストレスの多い生活が続いてきました。こうしたことも原因とは思いますがどうでしょうか?今後、どのような生活を心がければよいでしょうか?健康診断でも過去2年、聴力が下がっているといわれています。 (50代/男性)

4名が回答 眼科・耳鼻科

このお薬の分類

薬効分類
耳鼻科用剤
メーカー
ゾンネボード製薬