NO IMAGE

塩酸エピナスチン錠20mg「アメル」

共和薬品工業
NO IMAGE

このくすりはアレルギーによって引き起こされるぜんそく、アレルギー性鼻炎、じんましんなどの皮膚疾患の症状を改善するものですが、病気 ... 続きを見る の原因そのものを治すものではありません。

製品一覧

  • 10mg1錠
  • 20mg1錠

関連するQ&A

Q

今年2月に初めて喘息発作を起こしたのですが

person 40代/女性 -

その時は風邪から始まった喘息で明け方は毎日のように咳込んで起きてしまい睡眠不足が続いた状態でした。今思えばまさか自分が喘息とは夢にも思わず、息苦しさと咳が止まらず、人と会話することも面倒になり、立っていることができず意識がなくなる寸前でひたすら病院が開く時間まで待っていました。それから喘息治療が始まったのですが、アドエアが合わず声枯れしてしまうのでパルミコートでしばらく咳が0の状態まで持っていくことが出来るようになりました。しかし、今回の大型台風の近づいた2、3日前より、急激にツバを飲み込む時に痛みがあり『あれ?風邪かな』と言う感じであまり気にしないでいたら台風当日、久しぶりに咳が出だし、あれよあれよと言う間に呼吸とともにゼロゼロしだし、痰が絡んで息がしづらくなりました。万が一の時にとかかりつけ医に出されていたテオロング100mgとムコダイン500mgを飲んだのですが、またあの息苦しさを思い出すと夜が来た時不安なので他の医者にかかり、レントゲンを撮ったあと大量の薬が出されました。私自身喘息の初心者なのでどの薬が適切なのかわかりませんが、これは全部飲むべきものなのか、どれぐらい続くものなのか、考えられる副作用はどうなのか教えて下さい。また、今後子供を作ることも考えているのですがリスク大きすぎですか?現在飲んでいる薬は上の二種類に加え新たに追加で処方されたものでプレドニゾロン5mg、タケプロンOD錠30、塩酸エピナスチン錠20mg「アメル」、ジスロマック錠250mgの以上です。よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

1名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
その他のアレルギー用剤
メーカー
共和薬品工業