NO IMAGE

レキップ錠0.25mg

グラクソ・スミスクライン
NO IMAGE

ドパミンD2受容体を刺激することにより抗パーキンソン病作用を示し、ふるえ、筋肉のこわばり、動作が遅くなる、姿勢障害などの症状を改 ... 続きを見る 善します。通常、パーキンソン病の治療に用いられます。

製品一覧

  • 0.25mg1錠
  • 1mg1錠
  • 2mg1錠

関連するQ&A

Q

パーキンソン症候群

50代/男性

友人が薬3種を一日3回処方されていますが自己判断で一日4回飲んでいます。 服用後3時間ぐらいすると不随意運動(首が回る)は収まりますが変動します。 処方以上の量を飲むとそれだけ後年薬が効かなくなるのが早まりますか? ・2007年6月 パーキンソン症候群と診断 ・2007年10月 シンメトレル 50mg  朝1 (錠) アーテン    2mg   朝1 ザイロリック100mg   朝1 ウラリット        朝1   夕1 モーラステープ   ・2008年7月 ネオドパゾール      朝1 シンメトレル  50mg   朝1 アーテン    2mg    朝1 ザイロリック 100mg    朝1 Mテープ  ・2008年12月8日 ネオドパゾール      朝1  昼1 ザイロリック100mg    朝1 Mテープ   ・2009年10月 治験用 SPM962 ・2011年8月 マドパー          朝1 昼1  夕1 シンメトレル 50mg      朝1 昼1 夕1 レキップ   0.25mg     朝1      夕1 ・2011年9月 マドパー            朝1 昼1  夕1 シンメトレル           朝1 昼1 夕1 レキップ            朝1 昼1  夕1 ・2012年3月 マドパー           朝1 昼2  夕1 シンメトレル          朝1 昼1 夕1 レキップ            朝1 昼1  夕1 ・2013年4月 マドパー            朝1 昼2 夕1 シンメトレル 50mg     朝1 昼1 夕1 レキップ   0.25mg     朝1 昼1 夕1 ・2013年6月 マドパー          朝1 昼2 夕1 シンメトレル 50mg     朝1 昼1 夕1 コムタン   100mg    朝1 昼1 夕1 (50代/男性)

1名が回答 頭・神経

このお薬の分類

薬効分類
抗パーキンソン剤
メーカー
グラクソ・スミスクライン