医師プロフィール

コジマ テツヤ
小嶋 哲矢 先生
施設名
こじまクリニック
専門科目
婦人科
認定医資格
産婦人科専門医 生殖医療専門医 抗加齢医学専門医 サプリメントアドバイザー

最近回答したQ&A

黄体機能不全と体外受精

40代/女性 解決済み

元々、黄体機能不全と言われ不正出血に悩んでいたためピルを9年間服用していましたが、結婚を機に服用をやめ、40歳から妊活を始め半年間のタイミング&人工授精の後、体外受精にステップアップしました。検査結果では、特に不妊の原因になるようなことは言われていません。 1月に初めての新鮮分割胚移植後から判定日までデュファストンを服用し、どうやら着床したもののET10の判定日にhcgが25と値が低く、結局生理が約1週間遅れてきたような形で化学流産に終わりました。医師の説明では、何かはっきりした原因があるわけではなく、結局は受精卵の質ということで、着床したのだから妊娠へ一歩近付いたということですよという感じでした。初回、分割胚で着床したので2回目も分割胚移植ということで今月2回目の移植を予定しています。 不妊治療を始めてから何度も血液検査を受けましたがホルモンバランスやについて指摘されたことはなく、現時点では黄体機能不全はもう気にしなくてもよいのでしょうか? 前回の判定日後、ホルモン値が十分だったためデュファストンは判定日で服用を終えましたが、次回は判定日の後もデュファストンの服用継続を希望した方がよいでしょうか?

移植方法で妊娠率が低下?

30代/女性

1回目の移植方法に疑問があります。 5AA、AHAあり、移植30分前には羽化が始まっていました。 事前にチューブに胚を吸い上げておいて、移植しようとしたところ、チューブが子宮頸管に入らず、一旦シャーレに胚を出して、別のチューブに変えて、再度胚を吸い上げて、移植しました。 チューブを変えるのに10分は経っていました。 後日、医師と培養士が話し合って、今後はチューブが入るか確認してから胚を吸い上げることになったそうですが、 そもそも、人工授精のときもチューブが入らなかったのに、もっと柔らかい移植用のチューブが入るわけないので、なぜ最初からそのようにしなかったのか疑問に思いました。 羽化し始めている胚をチューブに出し入れして、移植するのに10分以上もかかって、素人目にも胚が弱ってしまうと思いますが、このようなことはよくあることなのでしょうか?胚が弱ってしまうということはないのでしょうか? 判定はもちろん陰性でした。 あとはグレードの低い胚しか残っていません。 今後、どのように治療するか(転院するかも含めて)検討したいので、上記のような移植方法は先生方からみてどのように思われるのか、ご回答お願いします。

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。