糖尿病用剤に該当するQ&A

検索結果:25 件

高齢の母親の足の浮腫みについて

person 70代以上/女性 -

92歳の母親の「足(右足)の浮腫み」があり、慢性心不全の既往症があります。 年末から2度(1カ月の入院)の入退院(誤嚥性肺炎、胸水による呼吸不全)を繰り返し、3月初旬より介護施設に看取りにて戻しました。胸水は、入院前に服用していた糖尿病薬が 影響し、心不全の憎悪の影響と思われますが、現在は、糖尿病薬を服用しておりません。 ”看取り”として覚悟していたのですが、退院から2ケ月と2週間経過し施設で食事(嚥下食)しており、入院前と同様の共同生活を維持しており、驚きと少しでも長生きしてくれればと思っております。 そこで、最近、右足(下肢、特に脹脛)の浮腫みが顕著になりました。右足は、股関節の骨折も有り車椅子での生活のため、右足は全く動かせないことと、心不全が影響しているため浮腫みが出ているのかと思います。(左下肢は浮腫み無し) 高齢でもあり、糖尿病の薬での副作用での呼吸不全の前歴もあり、新しい薬を服用するのは更に母親の体に負担になると考えています。(利尿剤は服用中) 下肢の浮腫み改善のため、専用のストッキングを昼夜の装着を考えています。 (昼間用と夜間装着用の市販の浮腫み改善用ストッキング) ストッキング装着でのメリット、デメリット等のアドバイスを頂ければ幸いです。

7人の医師が回答

膵頭十二指腸切除術後、熱が続く

person 70代以上/男性 -

81歳の父のことです。遠位胆管癌のため、6月30日に全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除術のオペを受けました。術後翌日から歩行、術後5日目には入っていたドレーンも全て抜けて、順調に回復に向かっているかと思っていました。ところが、術後10日目に、七転八倒の腹痛がおこり、検査の結果、腸閉塞になりかけている、とのことでした。その後ずっと抗生剤の点滴を打っているようですが、それから10日経つ現在(術後20日)も熱が出たり引いたりしているようです。最初の頃は38度台の熱でしたが、現在は37度台の熱が出ているそうです。しかし膝下の脚がとても冷たいそうです。 術後14日目に造影CTを撮ったようですが、特に問題はないようです。血液検査もしているとのことです。 また、トイレに歩いて行って用をたしたあと、便座から立ち上がるのに、何度も深呼吸をして呼吸を整えないと立ち上がれず、トイレの後は息切れがするようです。 父は昨年心筋梗塞になり、ステントが8本入っているのと、糖尿病もあります。 食事もほとんど取れず、前立腺肥大でトイレが近いため30分から1時間ごとに目が覚めて夜も眠れず、どんどん衰弱していってるように感じます。 術後にこんなにも熱が続くのは何が考えられますか?それとも良くあることですか? 他にどのような検査が必要ですか? 何が手立てはないのでしょうか。 敗血症などの心配はないですか?  よろしくお願い致します。

4人の医師が回答

カンジダが治りません

person 20代/女性 -

抗生剤を飲んだことでカンジダの症状(おりものとかゆみ)が初めて出て、病院で膣剤を入れてもらい、塗り薬を毎日塗っていました。 そのあと治療期間が終わり症状が消え、お医者さんにも大丈夫と言われていたので、性行為をしました。最中に性交痛を感じ途中で止めましたが、次の日に白っぽいおりものがまた出てしまい、病院で薬を入れてもらいました。 そのあと症状が消えました。性交痛の原因は腟内の炎症が治まっていなかったからだと考え、さらに2週間ほどおいてからまた性交渉をしたところ、やはり痛みがあり、中断しました。そしてまたオリモノが出てしまい、、という感じです。 通っている病院では、あまりに治らないから?かカンジダじゃないのでは?といわれて性病の検査をされたり(陰性)、糖尿病の検査をされたり(結果待ち)しています。 パートナーはカンジダの症状なく、一応検査してもらったところ陰性でした。 お医者さんには治りにくい体質だ、再発は性交渉が原因ではないと思うと言われ、なんだかよくわかりません。 締め付けや湿っていることがよくないと知ったので、シャワー後はドライヤーの冷風で乾かしたり、できるだけパンツをはかないで過ごし、締め付けるようなズボンも履いていません。デリケートゾーン用のソープも使っています。最近はビオフェルミンがいいと聞いて、新ビオフェルミンSプラスを飲んでいます。 20歳で持病なし、便秘で酸化マグネシウムを飲んでいて、アトピー体質(薬は使用していません)、生理痛が重いので低用量ピルを飲んでいます。 カンジダの症状が消えたあと性交渉をしてもよいサインなどはありますか? また、カンジダの予防策や、このような習慣はよくないなどあればお教えください。よろしくお願いします

2人の医師が回答

S状結腸ガン切除後、縫合不全疑い

person 60代/女性 -

69歳の母 50歳より糖尿病にて服薬治療中 HbA1c7.6 10月に肺と大腸に癌が見つかる。 ※それぞれ術前はステージ1予想 10月27日に胸腔鏡で左肺S3区域切除→ステージ1Aの原発性肺腺癌と診断 12月7日大腸がん手術前検査にてDダイマー1.6 超音波検査にて右足ヒラメ筋に血栓あり。リクシアナ服用開始6日服用後Dダイマー0.6に改善 めまいがあったためエリキュースへ変更※手術前日休薬 −−−−−−−− ここからが本題です。 12月23日にS状結腸がん切除手術実施 大腸憩室が多くあり下行結腸まで広げて吻合部を確定するため、膵液瘻や脾臓からの出血のリスクがあることや縫合不全のリスクが高いと事前説明あり。 下行結腸からS状結腸まで30センチ切除。憩室がない部分を見つけて医療用ホチキスで縫合したが近くに憩室があり縫合不全や近くの憩室が破れる可能性あり。 食事の再開はゆっくりめに様子を見ながらやりましょうとのこと。 脇腹、縫合部付近、肛門、計3本ドレーン留置。 12月27日に肛門ドレーン抜去、おならあり 28日重湯の食事開始 30日脇腹のドレーン抜去、3分粥スタート 1月1日排便あり、縫合部のドレーン抜去 ここまで順調でしたが… 1月2日昼から普通食、夕食吐き気があり食べられず 1月3日朝から39度発熱、造影CTで大きな膿溜まりはないため、縫合部か憩室の炎症?とのことで絶食、抗生剤点滴にて投与 4日36度後半〜37度前半、ほか症状なし 5日37.3度、ひどい腰痛 ※3日からロキソニン服用 お見舞いは15分制限ありで私は先生と話ができていません。 母にもCRPの数値などお話がなく入院期間、縫合不全や再手術、人工肛門への移行の可能性など気になっています。 数値や画像がない中申し訳ありませんが、先生方のご意見をお教えください

7人の医師が回答

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

全ての回答閲覧・医師への相談、
どちらもできて月額330円(税込)

今すぐ登録する
(60秒で完了)