コーヒーと一緒に飲むと危険な薬 体への影響も解説

  • 作成:2021/11/01

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年1月23日に掲載された記事「Danger:Don’t mix these meds with coffee」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

コーヒーと一緒に飲むと危険な薬 体への影響も解説

最近では、コーヒーが健康に良いことを示す証拠が数多く発見されています。しかし、この人気のある飲み物をすべての人が安全に飲めるわけではありません。特定の薬を服用している人は要注意です。コーヒーやその他のカフェインと一緒に飲むと、悲惨な副作用が出るものもあります。

私たちの多くは朝の一杯を楽しんでいますが、研究によると、コーヒーはさまざまな薬に悪影響を及ぼす可能性があります。

ここでは、コーヒーと相互作用する8つの薬と、両方を摂取した場合の影響を紹介します。

エフェドリン

エフェドリンは、神経系の働きを活発にする刺激物です。充血除去剤や気管支拡張剤として、呼吸困難の治療に使用されます。また、低血圧、過眠症、月経異常などの治療にも使われます

コーヒーに含まれるカフェインも興奮剤であるため、エフェドリンとコーヒーを組み合わせることは非常に危険です。メイヨー・クリニックの健康専門家は、両方の消費が高血圧、心臓発作、脳卒中、または発作につながる可能性があるため、2つの混合に対して助言しています。

抗糖尿病薬

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2059文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師