妊娠中のコーヒー、1~2杯なら問題ない?カフェインによる胎児への影響は?

  • 作成:2021/08/23

妊娠中はコーヒーや紅茶を飲んではいけない、という情報はよく目にしますが、これは本当でしょうか。

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

妊娠中のコーヒー、1~2杯なら問題ない?【医師監修】

Q.妊娠中は、コーヒーを飲んではいけない?

A.1~2杯程度であれば、問題はない

妊娠中に「カフェイン」を摂り過ぎるとお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与える可能性がありますが、コーヒーや紅茶を1~2杯くらい飲む程度であれば、強く制限する必要はありません。

カフェインによる胎児への影響と、その制限量

カフェインは、胎児に劇的な悪影響を与えるような物質ではありません。そのため、妊娠中の女性も「カフェインを絶対に摂ってはいけない」、というわけではありません。しかし、妊娠中にカフェインを摂り過ぎると、流産のリスクが高くなる可能性があることも事実です。
どのくらいの量からが「摂り過ぎ」に当たるのかは諸説ありますが、これまでに行われた調査結果からは、1日に200mgを超えたあたりから、そのリスクは少しずつ高くなってきそうだ、ということがわかっています1,2)。こうした研究結果をもとに、英国食品基準庁は妊娠中の女性のカフェイン摂取量を1日200mgに制限するよう求めています。

そのため、妊娠中には1日200mgを超えないように注意した方が無難です。欧米人と日本人の体格差を考えると、日本人はもう少し控えたほうが良いかもしれません。

食品に含まれるカフェインの量

カフェインは、主にコーヒーや紅茶などに含まれます。浸出の方法によってもカフェインの量は大きく変動しますが、たとえばコーヒー1杯120mLではおよそ68~72mg程度になります3)。そのため、コーヒーを1~2杯飲む程度であれば、200mgを超える心配はありません。

※日常的な飲料と、一般的なカフェインの含有量 3)

妊娠中のコーヒー、1~2杯なら問題ない?【医師監修】

しかし、ここで気をつけて欲しいのは、カフェインはコーヒーや紅茶だけでなく、お茶や清涼飲料水にも含まれているということです。特に、最近はカフェインを多量に配合したエナジードリンクや眠気覚ましの清涼飲料水が販売されていますが、これらは1缶にカフェインが100mg入っていることもあります。こうした飲料を飲むと、1日のカフェイン摂取は総量として200mgを簡単に超えてしまう可能性があります。

また、頭痛薬などにもカフェインは含まれていることがあります。カフェインは色々な食品・飲料・医薬品に含まれていることがあるため、注意してください。

妊娠していない人でも、摂り過ぎは危険

妊娠中の女性でなくとも、カフェインの摂り過ぎは身体に良くありません。不眠4)や頭痛5)の原因になるほか、近年はカフェインの錠剤を使った若者の急性カフェイン中毒も急増しており、死亡事例も報告されています6)。カフェインの作用には個人差も大きいことから、明確な統一基準は設けられていませんが、世界各国では下記のような注意喚起がされています。

※世界各国のカフェインに対する注意喚起の状況(成人の場合)7)

妊娠中のコーヒー、1~2杯なら問題ない?【医師監修】

※妊娠中の上限ではありません

1) Am J Obstet Gynecol. 2008 Mar;198(3):279.e1-8.
2) Hum Reprod. 2003 Dec;18(12):2704-10.
3) 食品安全委員会ファクトシート「食品中のカフェイン」
4) Ann Intern Med. 2015 Aug 4;163(3):191-204.
5) 日本神経学会、日本頭痛学会「慢性頭痛の診療ガイドライン2013」
6) Intern Med. 2018 Aug 1;57(15):2141-2146.
7) 農林水産省「カフェインの過剰摂取について」

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師