妊娠中の服薬、注意点は?【医師が監修】

  • 作成:2021/07/10

妊娠中に口にするものは色々と気になるものです。飲んでも良い薬、飲んではいけない薬、その差はどこにあるのでしょうか?

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

妊娠中の服薬、注意点は?【医師が監修】

Q.妊娠中は、全ての薬を飲んではいけない?

A.妊娠中でも、薬を使うことで母子が得られるメリットがデメリットを上回ると判断された場合、薬を使うことがあります。

妊娠中は、「全ての薬を使ってはいけない」というわけではないですが、「全ての薬を使っても良い」というわけでもありません。時と場合によって、使える薬や避けた方が良い薬というのは個々に異なります。そのため、自分の主治医と必ず相談の上で、判断を行うようにしてください。

「使っても大丈夫な薬」と「使ってはいけない薬」の間に、「時と場合による薬」がたくさんある

薬というものは、それを使って得られるメリットがデメリットを上回る場合に使うのが基本です。妊娠中は、ここに「胎児へ影響する恐れ」というデメリットが加わるため、“より慎重に”薬を使うかどうかを考える必要があります。
たとえば、一度使っただけでも胎児に取り返しのつかない大きな障害が起こる恐れのある薬であっても、その薬を使わなければ母体を救うことができない、といった状況であれば、使うこともあります。
一方、これまでに多くの妊婦に使われ、特に胎児への悪い影響も観測されていないような薬であれば、ちょっとした不快な症状くらいでも使われることがあります。
また、同じ薬であっても、症状が軽いのであれば別の薬を使った方が良いとか、妊娠の後期にはリスクが高いので避けた方が良い、といったように、症状や妊娠の時期などの個々の状況によっては「使う」「使わない」の判断が人によって異なることもあります。

つまり、薬は「妊娠中でも大丈夫な薬」と「妊娠中には使ってはいけない薬」という2つに綺麗に分けられるのではなく、「妊娠中でもよく使われる薬」と「妊娠中は基本的に使わない薬」の間に、「時と場合によっては使うこともあるし使わないこともある薬」が結構ある、ということです。こういった意味で、自分自身がこの薬を飲んで良いかどうかを判断する際には、薬の性能だけでなく、自分自身の状況も踏まえてしっかりと考える必要があります。そのため、自分の状況をよく把握しているかかりつけの医師・薬剤師に相談することがとても大事になります。

「貼り薬なら大丈夫」・・・ではない

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1693文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師