コーヒーは“がん”から身を守る?最新の研究結果でわかったこと

  • 作成:2021/11/04

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年3月26日に掲載された記事「What’s the link between coffee and cancer?」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

コーヒーは“がん”から身を守る?最新の研究結果でわかったこと

コーヒーは世界で最もよく飲まれている飲料の一つであり、その人気は衰えることを知りません。しかし、コーヒーとがんとの関係については、何十年にもわたって議論されてきました。がんは、長い間、世界の死因の第2位を占めてきた病気です。

私たちは、コーヒーを愛しています。問題は、それが癌の予防に役立つかどうかです。

1991年、WHOはコーヒーを発がん性物質のリストに追加しました。しかし、ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院が発表した論文によると、四半世紀後、コーヒーとがんのリスクには関連性がないという研究結果が多数発表されたため、コーヒーはリストから削除されました。 しかし、これで議論が終わったわけではありません。

数年後、コーヒーは、焙煎後のコーヒー豆に含まれるアクリルアミドという化学物質に対する懸念から、再び裁判にかけられました。この化学物質は、十分に高いレベルでは発がん性があるという研究結果も出ています。その結果、2018年、カリフォルニア州の判事は、同州で販売されるすべてのコーヒー製品に、"潜在的な発がんリスク "について消費者に警告するラベルを義務付ける判決を下しました。

しかし、コーヒーに含まれるアクリルアミドが人体に悪影響を及ぼすほどのレベルではないという新たな証拠が示されたことで、再び研究者たちがコーヒーを救うことになりました。ハーバード・ヘルスによると、WHOの国際がん研究機関が発表した1,000件以上の研究をレビューした結果、コーヒーを飲むことでがんになるという証拠は不十分であると結論づけられ、カリフォルニア州ではがんに関する警告が必要な製品のリストからコーヒーが削除されたといいます。

最近の研究では、コーヒーが特定のがんの可能性を低下させる可能性があることがわかってきました。ここでは、その最新の研究結果を紹介します。

コーヒーのがんへの影響

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1858文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師