肉の消費量と病気のリスク 世界がん研究基金が推奨する「適度な量」は?

  • 作成:2021/11/11

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年3月3日に掲載された記事「Regular meat consumption linked with a wide range of common diseases」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

一般的な疾患の幅広い疾患と関連した規則的な肉消費

オックスフォード大学の研究チームが行った大規模な集団レベルの研究によると、肉類の定期的な摂取は、これまで研究者が考えていなかったさまざまな疾患と関連していることがわかりました。

その結果、肉類を定期的に摂取すると、心臓病、肺炎、糖尿病などの様々な疾患のリスクが高くなるが、鉄欠乏性貧血のリスクは低くなることが関連付けられました。本研究はBMC Medicineに掲載されました。

赤身の肉や加工肉(ベーコンやソーセージなど)の過剰摂取は、大腸がんの発症率を高める可能性があることが一貫して示されています。しかし、これまでは、肉類の摂取量が多いと、がん以外の病気のリスクが高くなるのか低くなるのかは明らかではありませんでした。

今回、新たに行われた大規模コホート研究では、がん以外の病気で入院した25の主な原因をモニターした英国の成人約47万5千人のデータを用いて調査が行われました。この研究では、英国の成人475,000人のデータを用いて、がん以外の25の主な入院原因をモニターしました。研究開始時に、参加者は食生活(肉類の摂取量を含む)を評価するアンケートに回答し、その後、平均8年間の追跡調査を行いました。

全体として、加工されていない赤身の肉や加工された肉を定期的(週3回以上)に摂取している参加者は、肉をあまり食べない参加者に比べて、喫煙、飲酒、過体重または肥満、果物や野菜、繊維質、魚の摂取量が少ない傾向にありました。

しかし、これらの要素を考慮した結果、次のようになりました。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1446文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師