健康に大きな違いを生む、日常生活でできる「5つの小さな方法」

  • 作成:2021/11/18

運動量を増やす、食事を改善する、睡眠時間を増やすなど、健康的なライフスタイルに変えたいと思う人は多いでしょう。しかし、多くの場合、生活を変えることは難しいため、努力してもうまくいかないことが多いのです。一度にたくさんの変化を起こそうとすると、さらに難しいでしょう。 ここでは、毎日の生活に一歩ずつ取り入れられる、5つの小さな健康法をご紹介します。

この記事の目安時間は3分です

健康に大きな違いを生む、日常生活でできる「5つの小さな方法」

この記事を要約すると…
・毎日の生活に少しずつ取り入れられる、5つの小さな健康法を紹介。
・より多くのタンパク質を摂取する、歩く、加工度の高い食品を避ける。深呼吸を6回する、自然の中で過ごす、という方法が紹介されている。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「5 little changes to your everyday life that make a big difference to your health」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

より多くのタンパク質を摂取する

タンパク質の摂取不足は、加齢に伴う筋肉量や機能の低下につながる可能性があります。人は最低でも、摂取カロリーの約10%をタンパク質から摂取する必要があります。タンパク質が不足すると、筋力の低下、免疫力の低下、骨折、暴飲暴食などの症状が現れます。タンパク質の摂取量を増やすには、以下のような方法があります。

  • お皿の上のでんぷん質を食べる前に、まずタンパク質を食べましょう。
  • タンパク質の種類を変える。ナッツ類、豆類、卵、チーズ、魚、豆腐など、赤身の肉の代わりになるタンパク質はたくさんあります。
  • 朝食のシリアルを卵に変えてみましょう。1日1個の卵を食べることで、心血管疾患を防ぐことができるという研究結果もあります。脂肪分の多いベーコンは食べないようにしましょう。
  • 肉を食べる場合は、赤身のものを選びましょう。
  • 低脂肪チーズ、高たんぱく質のギリシャヨーグルト、赤身のジャーキー、枝豆など、たんぱく質が豊富なスナックを食べましょう。

歩く

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1816文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師