食べすぎを防ぐために取り入れたい「満腹感が長続きする食べ物」5つ

  • 作成:2021/11/07

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年2月19日に掲載された記事「5 healthy foods to keep you feeling full longer 」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

食べすぎを防ぐために取り入れたい「満腹感が長続きする食べ物」5つ

ダイエットをするには、適切な食品を適度に食べることが大切です。そのためには、満腹感のある食べ物を食べることが大切です。

次にお腹が空いたら、果物や野菜、赤身のタンパク質など、エネルギー密度の低いものを食べましょう。満腹感が長続きするでしょう。

CDCによると、満腹感を維持し、食べ過ぎを防ぐためには、エネルギー密度の低い食品、例えば、野菜や果物、低脂肪乳製品、赤身のたんぱく質などを摂取するのが一番だそうです。これらの食品は、少ないカロリーでより多くの満腹感を得ることができます。

これらの食品の特徴は、水分量、食物繊維、脂肪の3つの要素です。スイカやリンゴなどの果物や、ホウレンソウやニンジンなどの野菜は、水分量が多いので、カロリーを抑えながらたくさん食べることができます。また、これらの食品や全粒穀物には食物繊維が多く含まれているため、消化に時間がかかり、満腹感が長続きします。一方、脂肪分の多い食品はエネルギー密度が高く、もっと食べたいと思ってしまいます。

ここでは、有益な栄養素がたっぷり含まれているだけでなく、満腹感を得られる5つの食品をご紹介します。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2407文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師