心臓の健康状態を改善する? 研究でわかった“ナッツ”の魅力

  • 作成:2021/10/23

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事で は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年2月24日に掲載された記事「 The best nuts for heart health 」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

心臓の健康状態を改善する? 研究でわかった“ナッツ”の魅力

食生活を考える上で、心臓の健康を考えないわけにはいきません。しかし、高血圧や心血管疾患(CVD)、その他の合併症のリスクを減らすために、思い切った対策をとる必要はありません。アレルギーがなければ、より多くのナッツ類を食べることで心臓の健康状態を改善できるという研究結果もあります。

ナッツ類は、思ったよりも循環器系の健康に良いとされています。

ここでは、どのようなナッツを食べるべきか、また、心不全や脳卒中を防ぐためにどのような効果があるのか、研究結果を紹介します。

ナッツとボルト

多くの研究で、ナッツ類の摂取量が増えると、心血管疾患のリスクが下がることがわかっています。これには、2020年にJournal of the American Heart Associationで発表された、3つの大規模コホートを対象とした研究も含まれます。

この研究では、Health Professionals Follow-Up Study(1986~2012年)の男性3万4,000人以上、Nurses' Health Study(1986~2012年)の女性7万7,800人、NHS II(1991~2013年)の女性8万700人以上のデータを用いて、ナッツ類の消費量の4年間の変化と、その後の4年間の心血管疾患のリスクとの関係を調べました。

その結果、1日にナッツ類を0.5皿(1オンス=約28g)増やすと、心血管疾患、冠状動脈性心疾患、脳卒中のリスクが低下することがわかりました。CVD(相対リスク[RR]、0.92;95%CI、0.86-0.98)、冠動脈心疾患(RR、0.94;95%CI、0.89-0.99)、および脳卒中(RR、0.89;95%CI、0.83-0.95)。

この関連性は、ナッツ類の消費量が1日0.5皿以上増加した人ほど顕著であった。

研究者らはまた、ナッツ類の消費量の減少と、その後の4年間における心血管疾患のリスク上昇との間に関連性があることを発見しました。ナッツ類の摂取量を1日0.50皿以上減らした人は、ナッツ類の摂取量を維持した人と比較して、CVD(RR、1.14、95%CI、0.99-1.32)、冠動脈心疾患(RR、1.06、95%CI、0.88-1.28)、脳卒中(RR、1.28、95%CI、1.02-1.60)の発症リスクが高くなりました。

2019年に「Circulation Research」に掲載された別の研究では、糖尿病患者の心血管疾患に対するナッツの摂取の影響を測定しました。研究者らは、1980~2014年に収集された1万6,200人以上の糖尿病患者の男女のデータを分析しました。

研究者らは、ナッツ類の摂取量の増加が、心血管疾患の発症リスクおよびCVD死亡率の低下と関連することを発見しました。糖尿病と診断された後にナッツ類の食習慣を変えなかった患者と比較して、ナッツ類の消費量を増やした患者は、CVDのリスクが11%、冠状動脈性心疾患のリスクが15%、CVD死亡のリスクが25%、全死亡のリスクが27%低下しました 。

著者らは、「今回の結果は、健康的な食事パターンの一部としてさまざまなナッツ類を取り入れることが心筋保護につながるという推奨を支持するものであり、動物性タンパク質を植物性タンパク質に置き換えることがCVDの予防に役立つという理論的な証拠を提供するものである」と結論づけています 。

ナッツの魅力とは?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1705文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師