毎日の食事に取り入れると「健康にいい」食品5つ

  • 作成:2021/10/18

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年2月23日に掲載された記事「How often you should eat,and when,according to research 」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は6分です

毎日の食事に取り入れると「健康にいい」食品5つ

「1オンスの予防は、1ポンドの治療に値する」。この古い格言は、リンゴ、キノコ、全粒粉などの特定の食品に関して特に当てはまることがわかっています。

これらの5つの食品を毎日の食事に取り入れると、健康に良いという研究結果が出ています。

栄養価の高い食品には、健康を維持する効果や薬効があると言われています。残念ながら、多くのアメリカ人は栄養不足に陥っています。米国農務省によると、2019年には3,520万人のアメリカ人が食料不安のある世帯に暮らしています。食糧不安とは、貧困や予期せぬ経済的打撃、新鮮で手頃な食品へのアクセスなどの理由により、世帯のすべての人に十分な食糧を持つことができない、または獲得できない状態と定義されています。

そして、パンデミックは事態をさらに悪化させました。Feeding America社によると、コロナウイルスの影響で、2021年には4,200万人が食料不安に陥る可能性があるとのことです。

食糧不足の人は、健康に良いものを選ぶよりも、食事を抜いたり、加工度の高いものやファストフードを食べたりしがちです。

患者教育も有効です。多くの人は、栄養学の基本を知らないものです。患者さんに健康的な食品を勧めることは、心血管疾患の予防、がんのリスク低減、認知機能の改善などに役立つ可能性があります。栄養カウンセリングが苦手な方は、登録栄養士と協力して患者さんをサポートすることもできます。

ここでは、健康的な食生活を送るための方法と、誰もが毎日食べるべき5つの食品についてご紹介します。

まず最初に、一人分の食事量と分量

NIH(アメリカ国立衛生研究所)によると、50歳以上の人の健康的な食事パターンでは、以下の栄養素を毎日摂取する必要があるとしています。

  • 2~3カップの野菜
  • 果物:1.5~2カップ
  • 5~8オンス(1オンス=約28g)の穀類
  • 無脂肪または低脂肪の乳製品3カップ
  • タンパク質5~6.5オンス
  • 油類:小さじ5〜7杯

これらの量をイメージできない場合は、直感的に理解できるようになるまで、計量してみるとよいでしょう。また、米国農務省が提唱する「MyPlate(マイプレート)」を参考にすると、一口一口を大切にすることができます。MyPlateプランは、年齢、性別、身長、体重、身体活動レベルに応じて、食品群の目標値と、食べるべき食品の種類と量を提示する、個別のフードアプローチで構成されています。

NIHによると、「サービングサイズ」とは、1カップや1オンスなどの標準的な食品の量のことです。食品のパッケージには、サービングサイズが記載されていることが多いです。一方、「ポーション」とは少し異なり、食品をどれだけ食べたかを意味します。そしてもちろん、ポーションは食事ごとに異なり、サービングサイズよりも大きくなることもあります。例えば、シリアルの箱の栄養ラベルに記載されているサービングサイズは1カップかもしれませんが、自分でボウルに1.5カップ分を注ぐかもしれません。

では、どのような食品をお皿に盛ればよいのでしょうか?調査によると、ヘルシーで栄養価の高い5つの食品があります。

りんご

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」と言われますが、これは明らかに根拠のある言葉です。りんごやベリー類には、アントシアニンであるシアニジン3-O-ガラクトシド(Cy3Gal)が豊富に含まれています。アントシアニンは、アグリコン、糖、アシル基からなる水溶性の化学物質です。フラボノイドの一種で、強い抗酸化作用があります。アントシアニンを定期的に摂取することは、がん、アテローム性動脈硬化症、心血管疾患、糖尿病などのリスクを減らすことにつながります。

International Journal of Molecular Sciencesに掲載されたレビューの著者らによると、Cy3Galの健康効果は、単独でも、他の植物性微量栄養素と組み合わせても明らかであるといいます 。

「精製されたCy3Galや他のポリフェノールとの組み合わせでは、抗酸化特性や、抗炎症、抗がん、抗糖尿病、抗毒性、心血管、神経保護能力などの健康効果が強調されている」と著者は書いています。

きのこ類

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2101文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師