コーヒーがうつ病のリスクを下げる?研究で見えたコーヒーの効果

  • 作成:2021/11/20

全米コーヒー協会が2020年3月に実施した調査によると、コーヒーの人気はかつてないほど高まっています。アメリカ人の10人に7人が毎週、62%が毎日コーヒーを飲み、アメリカのコーヒー愛飲者の平均的な消費量は1日3杯強となっています。

この記事の目安時間は3分です

コーヒーがうつ病のリスクを下げる?研究で見えたコーヒーの効果

この記事を要約すると…
・コーヒーを定期的に飲むことで、うつ病が緩和される可能性があるという。
・コーヒーを多く飲む人は、あまり飲まない人や飲まない人に比べてうつ病のリスクが減少。
・コーヒーに含まれるポリフェノールは、抗炎症作用を持っており、うつ病の発症に関与していると思われる低度の炎症を防ぐ可能性がある。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「Coffee can treat this debilitating condition, research shows」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

アメリカ人はコーヒーが大好きなんですね。そして、コーヒーは飲む人に愛を返してくれるかもしれません。最近の研究によると、コーヒーを定期的に飲むことで、うつ病が緩和される可能性があるといいます。ここでは、その証拠を見てみましょう。

有益性の証拠

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1924文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師