NO IMAGE

セフジニル細粒小児用10%「YD」

陽進堂
NO IMAGE

細菌細胞壁の合成を阻害することにより抗菌作用を発揮します。通常、呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の ... 続きを見る 感染症の治療に使用されます。

製品一覧

  • 100mg1g

関連するQ&A

Q

溶連菌感染症。一度薬飲み忘れ。尿検査不要。

乳幼児/男性

25日午前0時過ぎに8度超えの発熱があり、その日は九度超えたので解熱剤を使い、下がりますが、また6時間程で高熱に。それを翌日の昼まで3回繰り返し、喉が痛いと言うので26日午後、小児科へ。その前に1度下痢をしました。水分は取れていて、解熱時に食欲が出た時に食べる、といった感じでした。 検査の結果、溶連菌感染症でした。 私も実は数日前から喉の痛みだけはありましたが、先生が私の喉も見てくれましたが、お母さんは、ま、いいや、と言われました。 息子、5歳は翌日27日は保育園を休むこと、28日からの登園許可証をもらい、抗生物質セフジニル細粒小児用10%YDとビオフェルミンR散の混合薬を朝と晩の1日2回、一週間分だけ出され、完治後の尿検査はしなくていいと言われました。 そこで質問なのですが、本当に3〜4週間後の尿検査はしなくていいのでしょうか?昨年、原因不明の蕁麻疹で入院した際に、リウマチ熱を疑われました。その時は断定ではなく、今後似たようなことがあれば疑って下さいという程度でしたが、調べると、溶連菌感染症からリウマチ熱とあるので、心配です。泌尿器科にかかったことがあるので、1ヶ月後に尿検査を受けた方がいいでしょうか?また、今朝の薬を飲ませ忘れてしまいました。午後4時に気が付いて飲ませましたが、夜にも飲ませた方がいいでしょうか? あと、大人は検査していません。私の両親が同居しています。 (乳幼児/男性)

1名が回答 赤ちゃん・子供

このお薬の分類

薬効分類
主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの
メーカー
陽進堂