NO IMAGE

イソジンガーグル液7%

ムンディファーマ
NO IMAGE

ヨウ素により、のどや口の中の細菌、真菌、ウイルスを消毒します。通常、咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防、口腔 ... 続きを見る 内の消毒に用いられます。

製品一覧

  • 7%1mL

関連するQ&A

Q

喘息?咽頭炎?判断出来ません

30代/女性

3月中旬喉に強い痛みを感じ、次第に咳が増えていきました。 1週間程しても回数が増える一方。会話していてもヒューヒューゼーゼーといった音がして咳き込んで中断することが多く、かなり苦しくなりました。 現在咳喘息の治療で呼吸器科にかかっておりますので、そちらで診ていただいたところ、胸の音は綺麗でコントロールはうまく出来ているみたいだから、咽頭炎だねとおっしゃり、以下の薬が処方されました。 シムビコートタービュヘイラ60吸入1キット イソジンガーグル液7%30ml1本 レスプレン20 1日3回7日分 ムコダイン500 1日3回7日分 タケプロンOD15 1日1回28日分 ジェニナック200 1日2回7日分 セレスタミン配合錠1日2回14日分 それから2週間程でよくなったのですが、4月中旬からまたヒューヒューゼーゼーという音と痰が絡んで強く咳き込まないとすっきりしない状態が続いています。回数も増えているように思います。 そこでお聞きしたいのですが、喘鳴を自分で感じたことがないので、咽頭炎のヒューヒューした音と喘鳴の違いが聞き分けられません。息苦しさは、喘息の悪化かと思ったら咽頭炎と言われました。どのように違うのでしょうか? また、お風呂上がりの血色のよいはずの時に、子供に唇の色が紫だと指摘された事がここのところ何度かありました。これは何か関係ありますか? よろしくお願いします。 (30代/女性)

2名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
含嗽剤
メーカー
ムンディファーマ