NO IMAGE

ネオーラル25mgカプセル

ノバルティスファーマ
NO IMAGE

リンパ球に特異的・可逆的な免疫抑制作用を示し、主にヘルパーT細胞の活性化を抑え、異常な免疫反応を抑えます。通常、眼症状のあるベー ... 続きを見る チェット病およびその他の非感染性ぶどう膜炎、乾せん、再生不良性貧血、赤芽球ろう、ネフローゼ症候群、重症筋無力症、アトピー性皮膚炎の治療に使用されます。

製品一覧

  • 10%1mL
  • 10mg1カプセル
  • 25mg1カプセル
  • 50mg1カプセル

関連するQ&A

Q

免疫抑制剤を毎日服用中。妊活サプリは服用駄目ですか

30代/男性
14名が回答 漢方・サプリ
Q

ネフローゼ症候群によるむくみの改善について(再)

70代以上/男性

先日父(77歳)の病状について質問した者です。約1年前に巣状糸球体硬化症及び膜性腎炎でネフローゼ症候群と診断、血糖値も高めで、これはステロイド投与の副作用と説明されています。昨年12月の推定eGFR が約40Lでしたが半年で 約30Lに低下、浮腫がひどいため2週間入院してLDLアフェレンス5回、「E-CUM」を1回の治療を行った前後で推定eGFR 約30Lで変化なし、退院して経過観察となりましたが、退院後2週間で推定eGFR が更に約20Lに低下してしまいました。主治医から透析準備の話はでませんでしたが、投薬内容の変更もなく、今の状態についてあまり明確な説明もなかったとのことで、本人が不安になっています。前回の相談でたんたんかたん 先生より浮腫の軽減を第一にECUMなどでコントロールしたのち、利尿剤の調整になるでしょうとの回答を受けました。 今の内服薬は以下です。腰痛、糖尿病(ステロイドの副作用と説明されています)と合わせ、 プレドニン錠(5)、イスコチン錠100mg、ネキシウムカプセル20mg、バイアスピリン錠[100mg]、フェブリク錠20mg、ピドキサール錠(10)、エパデールS900(900mg/包)、アトルバスタチン錠10mg「EF」、イルベタン錠100mg、ネオーラルカプセル(25)、サムスカ錠15mg、スピロノラクトン錠25mg、ノルモナール錠(15)、アゾセミド錠30mg「JG」、{糖}ボグリボースOD錠0.3mg「マイラン」、ツムラ防巳耆湯20(2.5g/包)、{糖}トラゼンタ錠mg 主治医も苦慮されていると思いますが、もし転院すればよりよい治療が受けられる可能性はありますでしょうか?本人はそれを望んでいるようです。 また、ネットで”内臓トレーニング”という健康法を知りました。可能性があるのであれば試してみたいと思いますがいかがなものでしょうか。 (70代以上/男性)

3名が回答 肝臓・腎臓