NO IMAGE

フェロベリン配合錠

日本ジェネリック
NO IMAGE

腸管のぜん動運動を抑制する作用、腸内の細菌の増殖を抑制する作用、腸内の腐敗発酵を抑制する作用、収れん作用などにより下痢の症状を改 ... 続きを見る 善します。通常、下痢症の治療に用いられます。

製品一覧

  • 1錠

関連するQ&A

Q

胃腸炎として処方された薬の副作用だと思われます

person 40代/女性 -

処方薬の副作用についてお伺い致します。 9/20夜に旅先で下痢、吐気、悪寒、熱っぽさ、胃のむかつき、胃痛があり、翌日夕方、少し症状が治まった所で受診 胃腸炎との事で下記処方薬が出ました。 内服薬 レボフロキサシン錠250mg タガメット錠200mg ブスコパン錠10mg フェロベリン配合錠 頓服薬 プリンペラン錠5 カロナール錠200 食事前だった為、取り急ぎ頓服薬2種を服用 2時間程して夕食後に内服薬4種を服用 夜中に胃痛があり、頓服薬を再度服用 朝起きると胃痛が少し残っていたのですが、首まわりからデコルテ付近の赤み痒みが気になり、受診した病院へ電話確認した所 タガメットとフェロベリン、頓服薬は継続可能との事で、朝食後にタガメットとフェロベリンのみ服用 赤み痒みはひかず、全ての処方薬を中止しました。 翌朝、首まわりからの赤み痒みに加え、目の腫れ、顔の浮腫み、頬の赤みがありましたが、夜には軽減されました。 今朝目覚めると、首まわりの赤み痒み、昨日程では無いものの、目の腫れ、顔の浮腫みがあり、頬の赤みから顔全体の赤みが見受けられます。 当方、健康体で、年に一度、病院に行くか行かないかといった程で、処方薬に慣れておらず、疎いところがあります。 明日から仕事なので、今できる対処法を教えて頂きたくお願い申し上げます。 (40代/女性)

1名が回答 アレルギー

このお薬の分類

薬効分類
止しゃ剤、整腸剤
メーカー
日本ジェネリック