NO IMAGE

セロクエル100mg錠

アステラス製薬
NO IMAGE

脳内の各種受容体(ドパミン、セロトニン)に作用し、強い不安感や緊張感、意欲の低下などの症状を改善します。通常、統合失調症の治療に ... 続きを見る 用いられます。

製品一覧

  • 25mg1錠
  • 100mg1錠
  • 200mg1錠
  • 50%1g

関連するQ&A

Q

クエチアピンの減薬幅と断薬までの期間

50代/男性

頸椎の異常の為、入院加療中の者です。診断名「頸性神経筋症候群」で治療方法は電気パルス治療等です。私は他に持病があり、鬱病、不眠症、パニック障害との診断で5年前に精神病棟に入院歴あり、現在も鬱病と不眠症で投薬加療継続中です。 現在頸椎の治療で入院している病院の医師から、薬が多すぎるので減らすよう指示を受け、その医師と私の話し合いの結果、クエチアピンを抜く方向で事を勧めています。クエチアピンの服薬量は寝る前でセロクエル100mg(25mg 4錠)です。私はこれまで何度も減薬、断薬を試みて、クエチアピンだけは、断薬に成功したことがありません。ですので、出来れば小刻みに暫減したいのですが、今の入院施設では、散剤や12.5mg錠剤もないようですので25mg単位で減らすしかありません。入院中ですので安静をできる限り保てば25mg単位でも行けそうな気がしますが、実際他の薬剤への置き換えなども行わずこのクエチアピンを入院で抜くには最短どのぐらいの減薬量と減薬期間で抜けるでしょうか? とりあえずセロクエルは25mg錠剤しかなく、割るのも難しい剤形なので、100mgを25mgづつ2週間ごとに減らす暫定計画で、途中無理があれば減薬を休止しながらと思っていますが、入院していられるのが、あと2ヶ月強(63日)しかないので、臨床上、クエチアピンの減薬、断薬をハイペースでやられた事例や経験のある先生からの助言を求めます。尚クエチアピンの服薬歴は5年。他のお薬は、寝る前は他にミルタザピン30mg,エチゾラム1.25mg,エスゾピクロン2mg,1日3分は、クロナゼパム1.5mg,ジアゼパム3mgです。今の状況はセロクエルを25mg減らし75mgで2日目の夜に中途覚醒、早朝覚醒が顕著に出現しましたが、日中今現在、精神症状、身体症状は、異常はありません。明日、夜間静かな病室に移る予定です。 (50代/男性)

5名が回答 うつ(鬱)

このお薬の分類

薬効分類
精神神経用剤
メーカー
アステラス製薬