NO IMAGE

ジオクチルソジウムスルホサクシネート耳科用液5%「CEO」

セオリアファーマ
NO IMAGE

界面活性作用を呈し、外耳道内の皮膚表面にある耳垢に直接作用し、薬液の浸透、軟化を促進させます。通常、耳垢の除去に用いられます。

製品一覧

  • 5%1mL

関連するQ&A

Q

小児の耳垢掃除で何度も受診しています。

person 乳幼児/女性 -

2歳1ヶ月の娘がおります。 耳垢の掃除に耳鼻科にかかりました。 かかりつけの耳鼻科は激混みなので、今回は別の耳鼻科へ行きました。 両耳診ていただきましたが、右耳のみ垢が取り除けないと言うことで、点耳薬を出すからまた2日後に来てくれと言われました。 処方されたのはジオクチルソジウムスルホサクシネート耳科用液5%「CEO」でした。 しかし、娘が点耳を嫌がり、1日3回のところ1回、2日間に2回しか点耳できませんでした。 そして2回目の受診。 耳垢がとれないとのことで、今度はベルベゾロンを処方され4日後に来るよう言われました。 そして、本日3度目の受診をしました。 それでもまだ取り除けないとのことで、今度はベルベゾロンに加えてロメフロン耳科用液ニューキノロン系抗菌剤を処方されました。 正直、幼児の耳垢ごときにこんなに色々お薬が必要なのだろうかと疑問です。 耳鼻科の先生、ご意見頂けると助かります。 親の思いとしては今回処方された薬は使用せず、後日かかりつけの耳鼻科にかかり直そうかと思っています。 途中で受診をやめてもいいでしょうか。 実は、不安に思うのは、以前その耳鼻科に風邪でかかった時にセフジトレンピボキシル、ミノサイクリンと強い抗生物質を処方されたことがあり、小児科医から幼児に使うべき薬ではない、と指摘を受けたことがあったからです。 怖いのが、正直なところです。耳垢掃除でこんなに頻繁に受診せねばならないものなのでしょうか。 ご意見、よろしくお願いいたします。 (乳幼児/女性)

2名が回答 眼科・耳鼻科
Q

生後4ヶ月の耳鼻科の診察と処方薬について

person 乳幼児/男性 -

生後4ヶ月の赤ちゃんに耳触りがあり、耳から黄色い塊が出てきたので耳鼻科を受診しました。 1度目の受診では、耳垢が溜まっているので耳垢を柔らかくし後日掃除しましょうとの事でした。そして、「ジオクチルソジウムスルホサクシネート 耳科用液5% CEO」という点耳薬を処方され、3日間使用しました。すると、耳の穴の外側(外耳?耳介?)部分が赤くなり、翌日から薄皮がパリパリとし皮膚が荒れてしまいました。 2度目の受診をし耳垢掃除をしてもらったのですが、肌の荒れに関しては特に何も言われませんでした。やはり肌の荒れが気になったので、そのまま様子を見て大丈夫か先生に聞こうとしたら「肌荒れ」と言った瞬間、忙しかったのか「お薬処方しますね〜」と質問の途中で言われ診察が終わってしまいました。 そして「リンデロン-VG軟膏0.12%」が処方されました。 以上が今回の耳鼻科受診の経緯ですが、質問が2つありす。 1.処方された点耳薬(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)を使用して、今回のような肌荒れが起こる事がありますか? 2.肌荒れについて、先生からは何も言われなかったという事は特に気にする必要がないものだったに、私が気にしていたので軟膏が処方されたのでしょうか? 軟膏を使用しなくても大丈夫なら、まだ生後4ヶ月の赤ちゃんなので使用したくないなと思っています。 長々と申し訳ございません。 お忙しいとは思いますが、ご回答いただけましたら嬉しいです。 (乳幼児/男性)

3名が回答 眼科・耳鼻科

このお薬の分類

薬効分類
耳鼻科用剤
メーカー
セオリアファーマ