NO IMAGE

エピデュオゲル

マルホ
NO IMAGE

アダパレンと過酸化ベンゾイルの配合剤です。アダパレンは表皮の角化細胞の分化を抑制することで毛穴の閉塞を防ぎ、面ぽう(にきび)の形 ... 続きを見る 成を抑制します。過酸化ベンゾイルはざ瘡(にきび)の原因菌の増殖を阻害します。また角質細胞の結合をゆるめ毛穴の閉塞を改善させます。その結果、炎症性皮疹(赤いにきび)、非炎症性皮疹(白にきび、黒にきび)が改善します。通常、尋常性ざ瘡(にきび)の治療に用いられます。

製品一覧

  • 1g

関連するQ&A

Q

ニキビに治療について相談です。

10代/女性

はじめまして。 私は中学2年生の時にニキビができて以来、高3になる現在まで5年間ニキビ治療のみでずっと皮膚科に通い続けています。 この5年間は抗生剤(ロキシスロマイシン)と塗り薬(クリンタマイシンゲル)を使用し続けています。現在はニキビ跡が酷く目立ち、赤く色が残った状態です。 今はヒルドイドのゲル状のものとエピデュオゲルを用いて治療をしていますが、指示通りヒルドイドを塗った上にエピデュオゲルを重ねて使用していますが爛れてしまい、いくら化粧水や乳液を使って保湿しても、ヒルドイドを塗っても痛い思いだけをして跡は消えません。 昨日は抗生剤が無くなったので貰いに行くついでに大分前からエピデュオゲルの使用をしておらず、もうやめたいという旨を話しましたが『塗れる時になれば良い。大体の人は使えるようになる。塗り方が悪いだけだ。』と言われて終わりました。本当はレーザー治療についても聞いてみるつもりでした。また、いつも別な治療法もあるからと言われて現状を変えたいと言ったところで現状維持のままです。 [現在までの治療法] 抗生剤+ゲル⇨抗生剤+ゲル+漢方(十味敗毒湯)⇨エピデュオゲル+保湿剤 [私の使用方法] 抗生剤+ゲル⇨抗生剤+ゲル+漢方⇨エピデュオゲル+保湿剤⇨爛れ⇨抗生剤+ゲル 高校1年の終わりごろからは跡の状態が多くなり、鏡に写った自然光の当たった自分の顔を見るのが辛いです。 友人がニキビの話をしていたりするのも結構心にきます。 私事ですが人前に立つ機会が多い活動をしているので早く綺麗にしたいと思っています。 ちなみに、病院を変えることについても視野に入れています。 何か治療法についてや使用方法、あとは抗生剤の長期使用についてや病院についてアドバイスや教えていただけることがありましたらご回答よろしくお願いします。 (10代/女性)

5名が回答 皮膚・アトピー

このお薬の分類

薬効分類
その他の外皮用薬
メーカー
マルホ

このお薬の分類

薬効分類 その他の外皮用薬
メーカー マルホ