NO IMAGE

ヒルドイドフォーム0.3%

マルホ
NO IMAGE

皮膚の保湿作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くします。また使用部位の血行を促進し、血行障害に基づく痛みや腫れを軽くします。通常、凍 ... 続きを見る 瘡、瘢痕・ケロイド、指掌角皮症、皮脂欠乏症などの治療に用いられます。

製品一覧

  • 1g

関連するQ&A

Q

皮膚科の薬は、化粧水などの補完になるのか

person 30代/女性 -

姉がひどいアレルギー体質で、特に肌に出やすいです。 20歳前後の時に、市販のどの化粧水を使っても真っ赤にただれてしまうようになり、ずっとほっぺにガーゼを貼っているような状態でした。 なんとかみつけたのが、セラミド系の超敏感肌用のジェル化粧水で、それを何年も使っていました。 30になるころに、また症状がひどくなり、目のまわり、頬などに真っ赤なぶつぶつができ全く治らず、肌自体がごつごつした状態になり外出もできなくなりました。 皮膚科に行くと、今使っているセラミドをやめて薬にするように言われました。 飲み薬5種の他に今処方されている薬は、 ・眼、耳用リンデロンA軟膏 ・ロコイド軟膏0.1+プロペト ・ヒルドイドフォーム0.3 ・ヒルドイドクリーム0.3+ビスダームクリーム0.1 ・マイアロンローション0.05% この5種で、上3つを顔に使っています。 ここで心配で気になっているのが、皮膚科で処方されるこれらの薬は化粧水などの補完になるのかということです。 化粧水というのは、アンチエイジングや美肌作用に特化した成分等が使われていますが、そういう成分のない皮膚科の薬のみで、老化が進むようなことはないのでしょうか? とても不安そうで、ぜひご意見をお聞きしたいです。 (30代/女性)

4名が回答 皮膚・アトピー

このお薬の分類

薬効分類
血液凝固阻止剤
メーカー
マルホ

このお薬の分類

薬効分類 血液凝固阻止剤
メーカー マルホ