NO IMAGE

フルメタクリーム

塩野義製薬
NO IMAGE

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、炎症による皮膚のかゆみ、赤み、はれなどの症状を改善します。通常、湿疹、皮膚炎や乾癬などの ... 続きを見る 治療に用いられます。細菌・真菌などの感染による炎症には原則用いられません。また、治りが遅くなるおそれがあるので、皮膚潰瘍や重いやけど・凍傷には用いられません。

製品一覧

  • 0.1%1g
  • 0.1%1g
  • 0.1%1g

関連するQ&A

Q

24歳女性へのチョコラA錠1万単位の処方

20代/女性

生まれつきの遺伝で腕にブツブツが出来るのが気になり、4月19日に皮膚科も診療している形成外科外科に行ったところ、「もうこうせいたいせん」と診断され、フルメタ軟膏、ビーソフテンクリームが混ざった塗り薬と、ベギンクリーム、サリチル酸ワセリンの混ざった塗り薬、そして、チョコラA錠1万単位を1日4錠7日分処方されました。 薬が無くなったので、4月28日に病院にいったところG Wもあるのでと、2週間分のチョコラA錠1万単位を再び処方されました。(塗り薬は1週間であと3分の1しか残っていないと伝えたところ、もっと塗らなきゃいけないと言っていたのに、塗り薬の処方を忘れたのか塗り薬の処方はなかった)態度が悪く信用出来ないと思い、別の皮膚科に行きました。 そうしたら、そこのお医者様に、若い女性にビタミンAを処方するなんてあり得ない、後3〜5年は避妊しなくてはいけないと言われました。 薬局の人に、薬のことは、今妊娠しているか、すぐに妊娠予定がある場合は飲めないとしか聞いていません。 自分で調べたところ、ビタミンAを飲んだ数は72個で、四年くらいは蓄積されてそうです。 皮膚科のお医者様の言った通り、5年位は妊娠したとして奇形児が生まれてしまう可能性が高くなってしまうのでしょうか? 今、付き合って6年の彼氏がいて、2人とも子供が大好きなので、どうしても子供は欲しいです。ご回答お願いいたします。 (20代/女性)

3名が回答 皮膚・アトピー

このお薬の分類

薬効分類
鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
メーカー
塩野義製薬