NO IMAGE

ムコダインシロップ5%

杏林製薬
NO IMAGE

気道粘液調整作用、粘膜正常化作用があり、たんや鼻汁を出しやすくし、鼻づまりをやわらげます。通常、上気道炎・急性気管支炎・気管支喘 ... 続きを見る 息・慢性気管支炎・気管支拡張症・肺結核の去痰、慢性副鼻腔炎の排膿、滲出性中耳炎の排液の治療に用いられます。

製品一覧

  • 5%1mL

関連するQ&A

Q

病院により薬の処方方針が違い困っています

40代/女性

先生によって意見が違い、どうすれば良いのかわかりません。 ご意見いただけるとありがたいです。 一歳の子供ですが、卵、小麦、乳製品アレルギーがあります。 春から保育園に入園し、すぐRSウイルスに感染、悪化して肺炎になったり、鼻水から中耳炎にもなってしまいました。 中耳炎が悪い状態になると、メイアクトを毎食後5日間服用しています。 鼻咳には朝晩のプランルカスト、ムコダイン、ムコソルバンの混合薬を3ヶ月近く飲み続けています。 中耳炎は少し良くなったりまた悪くなったりしていて、最近は悪いままです。 アレルギー治療と、耳鼻科は別の病院です。 アレルギー治療は大きな病院、耳鼻科は先生の腕が評判の人気病院です。 耳鼻科の先生は肌のかゆみやアレルギーで出ているザイザルシロップが中耳炎の治療には良く無いとおっしゃっていて、アレルギーの先生ではなく、皮膚科の先生だけにザイザルについてお手紙を書きました。 アレルギーの先生には耳鼻科での話をしたところ、そんな事はないからアレルギーが出やすい今は、25日分、朝晩飲むよう指示をされました。 指示に従いザイザルは服用しています。 耳鼻科の混合薬も服用しています。 近々耳鼻科の予約がありますが、そのまま伝えるつもりです。 でもこういう時はどうすれば良いのでしょうか。 (40代/女性)

4名が回答 赤ちゃん・子供

このお薬の分類

薬効分類
去たん剤
メーカー
杏林製薬

このお薬の分類

薬効分類 去たん剤
メーカー 杏林製薬