NO IMAGE

テグレトール錠100mg

サンファーマ
NO IMAGE

脳内の神経の過剰な興奮をしずめて、てんかん発作を抑えます。また、鎮静作用などにより過剰な気分の高まりを抑えます。顔面の三叉(さん ... 続きを見る さ)神経の異常な興奮を抑え、三叉神経痛の発作を軽減します。通常、てんかん、躁うつ病などの躁状態、三叉神経痛などの治療に用いられます。

製品一覧

  • 100mg1錠
  • 200mg1錠
  • 50%1g

関連するQ&A

Q

うつ病治療薬による副作用について。

person 40代/女性 -

今年7月下旬、うつ病と診断され、その薬の副作用で悩んでいます。 初回からセルトラリン100mgを就寝前に処方され服薬開始しました。すぐに、身体各部のぴくつきが出現し、数日後からは後頭部から後頚部のこわばり、頭痛、頭部の熱感(涙も異常に熱かった)、背中から腹部の筋肉痛のような表現しがたい痛みなどが出て、起き上がれなくなり寝込んでしまいました。 全く良くならない為、薬について調ると、セロトニン症候群、悪性症候群に該当する症状です。 それから薬を中断し、数日後に症状のほとんどは軽快したのですが、身体のぴくつきは薬を止めて2週間近く経ちますが、変わりません。 薬の中断で、身体のぴくつき以外の症状が軽快した事を医師に話すと、テグレトール錠100mg1日2回が新規処方され、セルトラリン100mg→サインバルタカプセル20mg就寝前に変更されました。 しかし、どちらの薬にもセロトニン症候群や悪性症候群、痙攣、髄膜炎など、私に現れた症状を思わせる副作用の記載があり、怖くて、服薬を躊躇っています。 他にブロチゾラム0、25mg就寝前、トフィソパム50mg朝夕の2回は、最初から継続して処方されていますが、これらも服用を中断しています。 (1)処方されている薬の種類、量は打倒と思われるか。(2)身体のぴくつきは、自然に良くなる可能性の有無と見極める期間は?(ぴくつきは日に寄って違うが出現箇所が広がっていっている気もします)。(3)検査したほうがよいか。4)うつ病の治療で、漢方薬の適応は考えれないか。 正直な所、薬は怖くなり、飲みたくないのが本音です。 主治医に相談しているのですが、他の専門医の意見もお聞きしたくて、相談投稿しました。どうぞよろしくお願いします。 (40代/女性)

5名が回答 うつ(鬱)
Q

現在のてんかんの症状と飲み薬

person 50代/男性 -

50代男性です。母親の話によると生後6っか月ぐらいにてんかんを発症し現在に至っています。途中13歳から20歳ぐらいまで治っていました。ところが、20歳を過ぎると再発し現在に至っています。病院も数多く歩き、現在も通院しています。 ありとあらゆる検査をしましたが、異常は見らませんでした。薬はテグレトール錠(200mg)を朝昼夕と各1錠ずつ、ラミタクール錠(100mg)朝夕各1錠ずつ、酸化マグネシウム錠(330mg)を朝夕1錠ずつ、ヒダントール錠(100mg)を朝昼夕に各1錠ずつ、イーケプラ錠(500mg)を朝3錠昼1錠夕2錠、アキネトン錠(1mg)を朝昼夕各1錠ずつ、リスミー錠(2mg)を寝る前に1錠ずつ、ワンアルファ錠を朝1錠ずつ、ピレチア錠(25mg)を寝る前に1錠ずつ、デパス錠(0.5mg)をい朝昼夕各1錠ずつ寝る前に2錠、頓服として一日2回まで1錠ずつ、リスペリドン錠(2mg)を昼1錠寝る前に2錠ずつ、ニトラゼパム錠(5mg)を寝る前に1錠ずつ、リボトリール錠(0.5mg)を朝夕各1錠ずつ、昼と14時頃に2錠ずつ頓服として1錠ずつを一日3回、ディオバン錠(40mg)を朝夕1錠ずつ飲んでいます。発作時意識はありはっきりしていますが右足に多く出ます。どのようにしたらよいですか。よろしくお願いします。 (50代/男性)

13名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
抗てんかん薬
メーカー
サンファーマ