Q

注射の痛さ・・・

先日、インフルエンザの予防接種を受けてきました。
今までで一番痛かったように感じました。
ものすごい勢いで注射された感じがしました。
注射は好きではありませんでしたが、痛いって声に出すほど痛かった記憶はありません。
看護婦さんは、私も痛くて涙が出るのよねって言ってました。
しかし、母が別の病院で打って来たら、全然痛くなかったそうです。
お医者さん曰く、ゆっくり打つと痛くないので、ゆっくり打ってますとのこと。
なぜ、どこの病院でもゆっくり打ってくれないのでしょうか?
ゆっくり打つのには、高度な技術が必要ですか?
来年、打つときは、ゆっくり打ってくださいって言いたいけど、言ってもいいのでしょうか?
すべての病院で痛くないように打ってくれたらいいのに・・・

質問者:なんなん さん

横浜の家庭医 先生
一般内科

横浜の家庭医 先生

今年は大人気で500人以上のインフルエンザワクチンの接種をいたしました。
また一方自身が鼻アレルギーの治療で週に二回同様の注射を受けています。
今年の注射して注射されての経験をコメントいたします(科学的根拠はありませんが)。
1.痛いケース
a.痩せている方(皮下脂肪が少ないからでしょうか)
b.使用している針が太い
c.ワクチンのボトルに刺した針を使いまわす(針の切れが悪くなるからでしょうか)
d.肘から遠い(理由はわかりません)
e.浅めに注射してしまう
f.当たり所(手の甲に針をツンツンしても痛いところ痛くないところがありますので当たり所は運次第でしょう)

2.痛くないケース
a.やや肘より(つねっても痛くないですもんね)
b.皮下脂肪の厚い方
c.ボトルからワクチンを取った後に細い針に交換

といったところでしょうか。
私の場合、大体下記のように注意しています。
1.力を抜いて肘は90度に曲げる
2.刺すところは二の腕を三等分した肘側より、さらに数センチ肘側よりのやや後ろ(伸ばしたときの小指側)
3.おどおど刺されると浅めに刺さるのでしっかり皮膚をつまんでからブスっと刺すように
4.スピードはやや遅めに3秒くらいかけて!?
5.当然針は新品

こんな感じでしょうか。
また、豆知識ですがワクチンは自由診療なので病院ごとに値段が違います。

子持ちの小児科医 先生
小児科

子持ちの小児科医 先生

予防接種の痛みは、予防接種の種類・注射する部位・深さによって変わります。インフルエンザは一般的に痛い予防接種です。
一般的に痛くない方法は、上腕の外側の下(上)3分の一の所に、皮下の深めに注射することです。注射の速さはあまり関係ないと思いますが、冷蔵庫から出したばかりの冷たい注射液の場合はゆっくり注射したほうが痛くないと思います。(冷たい水は歯にしみやすいのと同じです)
これだけ注意しても、運悪く痛覚神経(目に見えないほどの細い神経)のそばに注射すると痛みは強くなります。1ミリの違いでも痛みは違います。
私も、毎日接種していますが、同じように接種しているつもりでも痛がる子供もいればぜんぜん平気な子供もいます。痛がった子供には「ごめんね」と謝ります。
痛くない予防接種は難しいです。

tora 先生
一般内科

tora 先生

私もスピードの問題はあまり関係ないと思います。スピードをゆっくりすると痛みが少ないという事を科学的に示したデータもないと思います。
商売柄、毎年インフルエンザの注射を受けていますが、痛い時と痛くない時があります。あまりうつ人のテクニックに差がでるような手技ではないので、自身が痛いと感じた時は、「ああ、まん悪く、痛覚直撃やったなあ」と思ったりしています。
ゆっくりうつ事で、納得がいかれるようであれば、そのようにうつ看護師なり医師なりに、申しでられるとよいのではないでしょうか。
例えば、胃カメラ飲むのでも、「ゆっくりしてくれ」とか、「はやめにさっと入れてくれ」と患者さんからオーダーをいただく事があります。なるべくご希望にそえるように努めようと・・・みんな思ってると思いますよ。

膿外科 先生
整形外科

膿外科 先生

インフルエンザの予防接種は0.5mlなので、注射のスピードがそう痛みに反映するものではないように思います。

そういえば、今年のインフルエンザの予防接種は痛かったなあ。去年は痛かった記憶はなかったのに。

もしかすると、ワクチンのメーカーによるのでしょうか。今年は二社から発売されているようですが、精製の過程などで違いがあるのかもしれません。今年私が受けた注射は注射部位が腫れたりして反応が強かったように思います。

注射のスピードにある程度注文をつけるのはかまわないと思われます。ただ、(インフルエンザの予防接種は違いますが)注射薬によっては注射液の注入速度を添付文書によりある程度指定されているものがありますので、ご希望に沿わない場合もあります。

二児のママドクター 先生
皮膚科

二児のママドクター 先生

たまたま知覚神経が近くにあり、敏感な部位だったのかもしれませんが、次回から、「私はゆっくり打ってもらったほうが痛くないようですので、ゆっくりと液をいれてください」とおっしゃっていいと思います。遠慮はいりません。特に高度な技術も必要とは思えません。
皮膚科は局所麻酔をすることがよくありますので、組織を液が圧迫する痛さはゆっくりといれたほうが和らぐようです。
この程度のご希望なら、全くおっしゃってかまいませんので、看護士の方に(あるいは医師に)前もってお話ください。

内科医あーる 先生
神経内科

内科医あーる 先生

打つ方としては同じ打ち方をしても、痛がるヒトと「今までで一番痛くなかった」みたいなことを言ってくれるヒトがいて、本当のところはわからないのが現状でしょう。
しかし、一般的に注射というものは、針は細い方が痛くないし、刃面を上にしてスムーズに刺入すると良いようです。私もゆっくり薬液を入れるのを試してみようかな。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。