Q

アッシャーマン症候群

はじめまして。香港在住です。家内が香港で初期流産の手術をした後、長い間生理がこなくなり、にきびが出やすくなりました。そこで手術後6ヶ月ほど経った最近、お医者さんに診てもらったところ、アッシャーマン症候群であり、もう妊娠することは望めないと言われました。妻は大変落ち込んでおり、何とかならないかと、わらにもすがる思いで書き込ませてもらってます。アッシャーマン症候群という症状はすごくレアなケースなのでしょうか?それとも、よくあることなのでしょうか?また、手術によって治る可能性はどれぐらいあるのでしょうか?癒着の状態によって治療が不可能な場合もあるのでしょうか?どうか率直な御意見をお聞かせください。お願いいたします。

質問者:凌 さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

子宮腔癒着症(アッシャーマン症候群)は子宮内膜の前壁と後壁がくっついてしまい(癒着)、経血のもととなる内膜の表面積が少なくなるものです。人工妊娠中絶や帝王切開など、子宮に対する手術が原因で起こります。

アッシャーマン症候群であれば、子宮卵管造影により癒着の程度を検討し、麻酔下で子宮腔内を拡張後、IUD(リング)を装着して、子宮内膜の修復を待つことになります。

専門医を受診して下さい。

凌さん

今日は漢方医に診てもらいました。妻によると、一昨日、お医者さん(西洋医)に「香港でこの手術ができる医者は2、3人しかいない」と言われたそうで大変落胆していたところです。やはり手術をする場合は日本で行った方が安全でしょうか?また、漢方医には鍼治療が有効だと言われたそうですが、日本でも治癒例はありますでしょうか?

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。