Q

鳥インフルエンザが恐くてしかたがありません。

インターネットで各国に鳥インフルエンザ患者が出ているニュースを読むといつか日本にも人に感染する鳥インフルエンザがやってくるように思います。どんな予防法があるのか教えてください。

質問者:にゃんみー さん

赤ひげ 先生
一般内科

赤ひげ 先生

鳥インフルエンザウイルスが人間に感染する形に変異し(この状況はすでに起こっています)、さらに人から人へと感染する型に変異すると大流行が起こります。現在危惧されている状況がこれですね。
大正時代に全世界で何千万もの死者を出したというスペイン風邪の際もその当時の新型インフルエンザによりそのような被害を出しています。
現在はその当時と比べて有利な面と不利な面があります。有利な面は医療環境が当時よりは充実していること、また情報も早く伝わること。現在ワクチンの開発が行われていること(今年は間に合いませんが)。
ただし、情報が早く伝わることについては、逆にパニックになるなどのマイナス面もありますが、そのような状況にならないように冷静に今どうするのが一番良いのか適切な情報を得て対応することが必要です。
感染が伝播しやすい状況としては、当然のことですが大勢の人が集まりやすい場所、長距離の輸送機関の中などです。
基本的にはそういう場所へ出向くのは必要最小限にするようにしましょう。
室内の温度管理、湿度管理(インフルエンザウイルスは寒い環境で乾燥した状況が好ましくありません)
喉を痛めないようにすること。この状態からは容易にウイルスが体内に侵入しやすくなります。
うがいは水よりもお茶、紅茶を熱くない程度に冷ましたものがウイルス予防効果もつとのデータがあります。のどが少しいがいがしだしたときはイソジンなどのうがい薬を使用しましょう。
タバコは控えましょう。自分だけでなく受動喫煙で周りの人にも影響与えますので喫煙者の人は自粛してください。
汽車に乗る際は禁煙車にしましょう。ただし、禁煙車が満員で仕方なく喫煙者に乗る人もいますので、最低冬場は喫煙者であっても車内ではタバコは我慢しましょう。同じ車両の中で咳をしている人がいるのに、平気な顔で喫煙するようなことはたとえ喫煙車両であっても遠慮してください。
JRは本来は全車禁煙にするべきです。どうしても吸いたい人は特別のスペースを設けてそこに行って吸ってもらうべきです。
自分がうつらない注意とともに、人にうつさない様な注意
、これらのことを各人が責任を持って行うこと。
こういう最低限の危機管理をみんながするべきです。
各人がこれらのルールを守って、厚生労働省が迅速なワクチン生産への対応、適切迅速な情報提供を行い、医療機関が万全の対応をとること、そのようにすれば、巷間伝えられているような大被害はかなり抑えられると思います。

にゃんみーさん

何度も読み返しました!全部覚えて友達にも教えます。ありがとうございました!

赤ひげ 先生
一般内科

赤ひげ 先生

先のコメントにも書きましたように緑茶、紅茶にはウイルスの予防作用があります。お茶は昔から医薬品の作用があるといわれ、わが国では臨済宗の開祖栄西禅師が今の中国から
お茶を持ち帰り福岡県の背振山の山麓に植えたのが始まりといわれ、栄西は喫茶養生記という書物も著しています。

一方、イソジンガーグルに代表されるうがい薬(ヨードを含有しています)は正常な粘膜に使用すると正常な粘膜をいためますので、基本的にはどうもない状況の喉(正常粘膜)に対して予防的に頻回に使用するのは好ましくありません。しかしながら、一旦喉に炎症を起こし喉が充血してイガイガしたり、痛くなった時は、イソジンに含まれるヨードが充血を鎮める作用を持っているので、治療として使用します。
うがい薬の使い分けはこのようにして行ってください。

また、ヨード含有のうがい薬は長期使用すると、慢性甲状腺炎を持っている人などに甲状腺機能の低下を起こすことがありますので、必要な時に短期間使用する形が薦められます。
うがい薬の使い方についての追伸でした。

にゃんみーさん

イソジンも購入しました。マスクもカバンに入れました。風邪をひかない努力をしたいと思います。ありがとうございました。体力も付けます!

通りすがりさん

鳥インフルエンザに通常のインフルエンザワクチンは
効果がありません。

ちなみに
新型インフルエンザと世間を騒がしているものにも、通常
のインフルエンザワクチンは効果がないと考えられます

うがいは多少効果があります。
イソジンでのうがいは、細胞障害のほうが強いので
実際にはしないほうが良いでしょう。(EBMもあり)

鳥インフルエンザは、迅速診断キットでインフルエンザA
と診断でき、タミフルも有効なため罹患早期に内服すれば
重症化を防げるかもしれません。

あわてても仕方がありません。
よく食べ、よく寝て、ストレスをためないように・・・

にゃんみーさん

タミフルをしっかり確保しているのは京都府だけとかいううわさが、、、。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

現在騒がれている鳥インフルエンザは鳥から人に感染しますが、人から人に感染した報告はありません。また、特別な予防法もありません。通常のインフルエンザの予防(予防接種、手洗い、うがい等)をきちんとして下さい。

にゃんみーさん

特別な予防法は無いのなら、仕方がないですね。
体力を付けて寝不足しないようにします。人から人にうつるタイプに変化しないことを祈るしかないですね。

ゴムさん

フツーのインフルエンザの予防と同じ方法しかないと聞きましたよ。

にゃんみーさん

免疫力も付けておいたほうがいいですよね。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。