Q

毛孔性たいせん

二の腕にぶつぶつがあり、ずっと気になっています。
高校生のころ皮膚科で毛孔性たいせんと診断されました。
ウレパールを処方されたものの、根本的な治療法はないといわれ、年をとると治るといわれたのですが、30歳手前の今も症状はよくならず、気づかずに就寝中も触っているようで、引っかき傷が絶えません。
このような治療は一般の保険診療と美容外科では治療は同じなのでしょうか。私が診断を受けてから10年ほどたっていますが、やはり治療法はないのでしょうか。

質問者:H・T さん

うなぎ男爵 先生
皮膚科

うなぎ男爵 先生

この疾患は整容的に気にされて受診する方も多く、お悩みの事とお察しいたします。
その先生がおっしゃったことは教科書的には全く妥当な内容で、中年以降に次第によくなり、とくに大きな問題も生じないため治療は不要といわれています。
保険適応を超えた治療としては、活性型Vit.D3の外用薬やケミカルピーリング、ヤグレーザーなどが試されており、ある程度の効果が期待できます。しかし、効果対費用の問題がありますので、よく担当の先生と御話をされて、納得した上で治療を受けてください。

H・Tさん

うなぎ男爵先生、

ご回答いただきありがとうございます。
このような疾患の場合は、医療機関によって治療に差がありそうですね。
美容外科には一度も行っていませんでしたが、今度行ってみようと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。