日本脳炎の予防接種について

person10代/男性 -

lock有料会員限定

都内在住の中学生の息子です。5歳の時にインフルエンザの予防接種でアナフィラキシーショックで入院歴があります(卵アレルギーはなく、原因成分不明)。それ以前の予防接種は全て問題なく受けでいますが、それ以後の予定の日本脳炎を一度も受けていません。本当に悩み、調べて、小児科の先生にも何度も相談しています。
質問は、ある程度(高校生など)成長すれば、日本脳炎にかかっても重症化しづらくなりますか?北海道では日本脳炎は接種されていませんでしたが、私の周りの北海道出身の方は普通に生活したり、群馬など養豚が盛んな場所に住んでいる人もいます。私自身も接種はしましたが、今も抗体が十分かは疑問です。
大人になれば重症化しにくいと理解してよいのか、また、それはだいたい幾つくらいなのか、お詳しい先生がいらっしゃれば教えてください。また、麻疹のように少量ずつやプリックで接種できる医療機関をご存知でしたら教えてください。
(普通の人が接種した方がよいのはわかっています。接種できたらどんなによいかと思いますが、目の前で呼吸ができず、ひきつけを起こした状態を思い出すと、原因成分がわからない以上インフルエンザの予防接種でなければ大丈夫とは思えないのです。それでも接種がどうしても必要であれば受けなければと考えていますが、上述の理由から息子にとって日本脳炎の必要性と副作用の危険性のどちらが大きいのか決めかねています。)

person_outlineESさん
4名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師