Q

月経前・月経中の症状は年齢などで変わっていくものですか?

お世話になります。もともと生理痛が高校生くらいからひどく、鎮痛剤は必要不可欠でした。現在、38歳ですが、昨年の6月から今年の6月までは鎮痛剤を必要としなくなり、その代わりなのか、頭痛が生理前に出るようになりましたけど楽でした。それが今年の7月の月経より、再び、あまりの痛さで就寝中に起きる程度になりました。それと同時に、生理10日前から胃がむかむかして、消化も悪くなります。生理痛があとをひいて、生理が終わったあとも、胃が重かったり、体が本調子でなく、元気なのは月に1週間程度です。
生理が再び重くなったときと同じくして、子供を作ろうとし始めたので、最初は妊娠しかけて生理になったのかと思ったりもしていたのですが、その後、毎月、生理の症状が重いので気にしています。特に不思議なことではないのでしょうか?
ちなみに特に子宮などの病気は10/17現在、何もありません。自分の体が、現在、どういう状況なのか知りたいと思っています。よろしくおねがいします。

質問者:くまくま さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

月経困難症の痛みは下腹部に起こり、腰や脚に広がることもあります。普通は締めつけるような痛みが起きたり消えたりしますが、鈍い痛みが続くこともあります。この痛みは月経直前または月経中に始まり、24時間後に最も強くなって、2日ほどで治まります。このほか頭痛、吐き気、便秘、下痢、尿意を感じる回数の増加などの症状がよくみられます。ときに嘔吐がみられることもあります。月経前にみられる刺激への過敏性、神経質、うつ、腹部の張りが、月経の途中あるいは終わりまで続くこともあります。

月経困難症は、症状と診察の結果に基づいて診断されます。子宮筋腫などの原因を特定するため、へその下を小さく切開し、腹腔鏡を挿入して腹腔の中を調べることがあります。また、腟から子宮に挿入する子宮鏡で子宮の内部を調べることもあります。このほか、子宮頸管拡張と子宮内掻爬(DアンドC)、子宮卵管造影などの検査方法もあります。

通常、非ステロイド性抗炎症薬が痛みの軽減に効果的です。非ステロイド性抗炎症薬は月経の1〜2日前から服用を開始し、月経の開始後も1〜2日間服用を続けるとより効果が得られることがあります。吐き気や嘔吐は制吐薬で軽減されますが、これらの症状は特に治療しなくても、痛みがなくなれば普通は治まります。休養と睡眠を十分に取り、定期的に運動をすることも症状の軽減につながります。

痛みによって日常生活に支障が出る場合は、プロゲスチンと低用量のエストロゲンを含む経口避妊薬が処方され、卵巣からの卵子の放出(排卵)を抑えることもあります。こうした治療で効果が得られない場合には、検査を行って痛みの原因を特定します。

月経困難症がほかの病気によって起きている場合は、可能であればその病気を治療します。子宮頸部が狭くなっている場合は手術で広げることもできますが、多くの場合その効果は一時的です。必要であれば、子宮筋腫や子宮内膜症による異常な子宮内膜組織を手術で除去します。

これらの治療で効果がなく、痛みが強い場合には、子宮につながる神経を手術で切断する方法もあります。しかし、この手術は尿管など他の骨盤内臓器を傷つけることがあります。催眠療法や鍼(はり)治療などの代替医療が試みられることもあります。

くまくまさん

早速のお返事ありがとうございました。

現在、妊娠希望しているので、薬には抵抗があります(というか、難しいですよね)が、休養と運動はすぐにでも可能ですから、今日から実践してみます。(やっぱり妊娠の兆候ではないのですねぇ。ちょっと残念。)

ありがとうございました。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

月経前の障害と月経時の障害の二つにわけて考えることが必要でしょう。

(1)月経前(PMS:月経前症候群、あるいは月経前緊張症)
いらいらや不安、疲労感などの精神症状、乳房のはりや頭痛・めまい・消化器症状などの身体症状が出現します。原因はいろいろ言われていますが、体内のホルモンの変動に対する変化などとされています。

(2)月経時(月経困難症)
子宮や子宮周囲に器質的な疾患(子宮内膜症や子宮筋腫、子宮の形態異常)のほかに機能的な異常(骨盤内うっ血症候群など)に起因する腹痛・腰痛などのほかに、月経前症候群と同様に精神症状がおこる方までおられます。もちろん、胃の具合が悪くなられるかたもおられます。

機能的な異常(骨盤内うっ血症候群など)の場合には妊娠分娩後には、症状が改善されることが多いです。また、子宮内膜症による月経困難症も、分娩までいくと改善することが多いのですが、時間の経過とともに増悪してくるかたもおられます。

婦人科を受診して、気質的な疾患が否定されているなら、おそらくPMSに引き続いて起こってくる諸症状と思われます。よくまとめてある、ホームページを紹介いたします。参考にされてみてください。ここをお読みになってわかりにくいこと、疑問に思われたことあれば、再度カキコミしてください。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/menstruation2/pms.htm#label6

hero2005 先生

胃の症状がおありですので、PMS(月経前症候群)で片付けず、胃の内視鏡検査もお受けになってください。

おそらく何もないとは思いますが、妊娠中のつわりと思っていた方での胃の悪性腫瘍や潰瘍の患者さまは、意外と多いものです。

くまくまさん

早速のお返事をありがとうございました。

紹介していただいたHPをあとでじっくり読んでみます。
また、胃の症状ですが、数日前に主人の会社の健康診断で胃部レントゲンを受けましたので、結果を待って、異常があってもなくても、胃の症状があれば病院に出かけてみようかと思います。(毎回、妊娠の兆候ではなくて、残念です。)

ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。