NO IMAGE

デルモベート軟膏0.05%

グラクソ・スミスクライン
NO IMAGE

ステロイド外用剤で、抗炎症作用や抗アレルギー作用により、発赤、はれ、かゆみなどの症状を改善します。通常、湿疹・皮膚炎や乾癬、円形 ... 続きを見る 脱毛症などの治療に用いられます。

製品一覧

  • 0.05%1g
  • 0.05%1g

関連するQ&A

Q

B細胞悪性リンパ腫MALT型:治療方針について

person 40代/男性 -

背部にできたMALTリンパ腫(B細胞悪性リンパ腫MALT型)ステージ1との診断を受けておりますが、 現在、軟膏による治療のみであり 抗がん剤等服薬治療などは行っておりません。 この治療方針で良いのか懸念があり質問をいたしました。 5年以上前から背中に皮膚腫瘍を自覚し、 近医にて病理検査をしたところ腫瘍であることがわかり、 現在は病院の皮膚科医にて定期受診を行っております。 血液検査・PET検査・レントゲン検査・胃カメラは実施済であり、 リンパ節転移等は見られていないとのことから 現在は3ヶ月に1度程度受診し、診察のみを行っており 放射線等はリスクがあるため実施せず、 今後も腫瘍ができたところに対しては外用薬(軟膏)による対応のみ、との 治療方針の説明を受けております。 以前使用していた軟膏薬名は【アンテベート軟膏0.05%】でしたが 効果がみられず、変更していただき7月より使用しているものは【デルモベート軟膏0.05%】です。 主治医は口頭で同じ院内の血液内科医に相談をされたそうですが、 そちらも同意見であったと聞いておりますが、 現在の治療法また、今後の治療方針については 通常取りうる方針なのでしょうか? それとも、 その他に手術や抗がん剤治療など考えうる治療方法はありますでしょうか? また、現在は皮膚科での経過観察を行っておりますが 血液内科等で診察をしてもらう必要はございますでしょうか? ご教示いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 (40代/男性)

2名が回答 癌・腫瘍
Q

赤い炎症が全身に広がっていきます。

person 60代/男性 -

原因不明の皮膚炎 3週間前 両脇に赤いぶつぶつが複数できてかゆみが1週間ほど続いた。       何も対処せずで1週間ほどで収まった。 4月26日 両手の甲が赤くなり 猛烈なかゆみが出た。   27日 近所の皮膚科を受診 薬をもらう。紫外線の炎症では との診断。      エバスチン錠 スチブロンローション 帰宅後 肩にも赤いぶつぶつ      わきの下、又、足など 少し赤く かゆい。   28日 再度皮膚科受診       何か着る物の炎症かも と言われ、薬を変える。      セレスタミン レスタミンコーワクリーム       夜から 両方の鼠径部、お尻、脇腹、脇の下、肩にかけて      かゆみは無いが、赤い楕円形のふくらみが たくさん出る。5mm~5cm の大きさで 大きさはまちまち   29日 赤いふくらみが 広がってゆく。   30日 総合病院 皮膚科を受診      蕁麻疹か 食あたりかわからない ヘルペスや薬疹ではない と言われる。      薬を強くすると アレグラ錠60m デルモベート軟膏0.05% をもらい      1錠を飲み、患部にクリームを塗る      夕方現在 赤いふくらみが 鼠径部から足首 肩から手首まで 広がる      (まだ小さな円 1cm以内)で広がっている。      かゆみは少ないのですが、服に接触するとやけどのように少し痛みます。      総合病院は明後日5月1日にも受診予約しました。      このまま放置するしかないでしょうか?      原因も不明で、赤い斑点からふくらみが大きくなり、飛び散っていくのですが      何か他の病気の心配はないでしょうか。 (60代/男性)

3名が回答 皮膚・アトピー

このお薬の分類

薬効分類
鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
メーカー
グラクソ・スミスクライン