NO IMAGE

セファドール錠25mg

日本新薬
NO IMAGE

椎骨動脈の循環を改善する作用、前庭神経路の調整作用や眼振を抑える作用があります。通常、内耳障害にもとづくめまいの治療に用いられま ... 続きを見る す。

製品一覧

  • 25mg1錠
  • 10%1g

関連するQ&A

Q

トラマールと喘鳴出現・頭痛悪化の関係性について

person 40代/女性 -

【質問1】 トラマールと喘鳴出現は関係している可能性はありますか? 【質問2】 トラマールと頭痛の悪化は関係している可能性はありますか? 【summary】 頚椎症性神経根症と頚椎椎間板ヘルニアによる手の痺れ&痛みに対して9/7から1回1錠、1日3回トラマール25mgを飲んでいました。 痛みが強く3~4時間で効果が切れてしまうため、9/18から1日5~6回、1回あたり1~4錠(100mgを越えないように)にして、1日合計16錠以内(400mgを越えないように)飲むようになりました。 9/19の夜に呼気音がピーピーと鳴り9/20朝まで続きました。うとうととしても、自分のピーピー音がうるさくて目が覚めてしまう程の音でした。 それから今日までほぼ毎晩、程度の差はありますがピーピーと鳴ります。 通常は毎年10月下旬から3月下旬だけ咳と呼吸苦が出る喘鳴持ちですが、いまの時期にこれほどまではっきりとした喘鳴がでるのは初めてです。 また、脳血管性の頭痛もあり、ロキソニンも普段から飲んでいますが、喘鳴が出た日から頭痛の強さと頻度が高くなっています。 【現在飲んでいる薬】 内科(メトホルミン、ピオグリタゾン、トルリシティ、アドエア、モンテカルロ) 脳外科(クロピドグレル、アトーゼット、チサニジン、セレニカ、セファドール、ロキソニン) 整形外科(トラマール、プリンペラン) (40代/女性)

10名が回答 検査・薬
Q

目まいふわふわ感が続いています。(3ヶ月程度)

person 60代/女性 -

6/7午前ごろ、台所にて回転性のめまいになりました。(過去になし。)長年服用してきたノルバスク2.5mgを内科主治医からやめるように言われてから18日目が6/7でした。血圧については156/97でした。6/7当日は激しいめまいに起き、家族に付き添ってもらい、地元の病院(脳外科、耳鼻科)行きました。脳外科ではCTをとり異常なし、耳鼻科でCCDカメラで検査し、前庭神経炎の疑いと診断されました。その際にメコチバールとメリスロンを処方される。少し様子を見て、6/24だいぶ良くなっているので薬の服用中止と言われ、昼から薬をやめるが、夕方いつもより強いふらつきとめまいに襲われる。 その病院の処置に不満を覚え、その後は、近くの病院を複数いくも納得いかず。8/7から目まいの耳鼻科にいき、検査(耳に水を入れて回転させるもの)を行い、椎骨脳低動脈循環不全症と診断される。そこで処方されたものは、トリノシン顆粒10%(毎食1錠)、セファドール25mg (毎食1錠)、メイラックス(夕食1錠)でした。9/18(現時点)で症状(目まいやふわふわする感覚)が改善されません。病名が聞いたことがないものだったので、不安なのですが、仮にこの病名だったら今後は病院の何科(脳神経?外科、耳鼻科?等)にかかれば良いのでしょうか。 (60代/女性)

4名が回答 眼科・耳鼻科
Q

心室性期外収縮と良性発作性頭位めまい症について。

person 70代以上/男性 -

私は大阪堺市在住です。 この5月29日、京都への電車中で急に気分が悪くなり、京都の医院で診て頂きました。 そこで心電図をとろうとして仰臥した途端激しいめまいが起こったのです。 天井がぐるぐる回転するように流れました。同時に強い吐き気も伴いました。 こんな激しいのは初めての体験でした。 そこでその医院で薬や注射等でなんとか仰臥に耐えられるようになり、 心電図をとって頂いたところ、心室性期外収縮と診断されました。 多発性ではないようなので、これ自体は今すぐどうこう言うことはないが、 大阪へ戻ったらホルター心電図をとり、耳鼻科でも診てもらいなさい、ということでした。 そこで翌日市立病院で内科と耳鼻科を受診し、その結果耳石が動く良性発作性頭位めまい症と診断され、京都で処方された薬(セファドール錠25mgとメリスロン錠6mgを一日3錠)をこのまま続ければ治まるでしょう、耳詰まり感がなければメニエリ症ではありません、ということでした。 内科での心電図やホルター心電図の指示は無く薬の処方もありませんでした。 で、本日まで3日間薬を服用していますが、あの激しい回転のめまいはあの時の1回だけですが、ふわふわ感や立ち上がった時や歩き始めた時のふらつき感はいまだにあります。 そこで質問です。 その1)市立病院の内科では当然心電図をとるものと思っていましたが無かったし、 ホルター心電図の指示も無かったのは何故でしょう。 その2)耳石が動くことで発症する良性発作性頭位めまい症が、耳鼻科で行った平衡機能検査(標準・頭位・頭位変換眼振検査・赤外線CCDカメラ)や聴力検査・チンパノメトリー等で分かるものでしょうか。 その3)動いた耳石が元の位置に戻ったら治るめまいが薬を飲んで治るものなのでしょうか。 気になって来たのでよろしくお願い致します。 (70代以上/男性)

5名が回答 眼科・耳鼻科

このお薬の分類

薬効分類
鎮暈剤
メーカー
日本新薬