NO IMAGE

パセトシンカプセル125

アスペンジャパン
NO IMAGE

細菌の細胞壁合成を阻害し、炎症(発熱や痛み、はれ)をひき起こしている細菌自体を殺菌するペニシリン系の抗生物質です。通常、皮膚感染 ... 続きを見る 症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症、眼科感染症など、広い範囲の感染症の治療に用いられます。また、他の薬剤と組み合わせることにより胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌に用いられます。

製品一覧

  • 125mg1カプセル
  • 250mg1カプセル

関連するQ&A

Q

授乳中の薬の量について

person 30代/女性 -

現在、生後4ヶ月の女の子を授乳中です。 1/24(火)の朝、起きて立ち上がろうとしたときに、突然めまいと立ちくらみがしました。 頭と目がくるくる回るような感じで、昨年6月にも同じ症状が出て、再度耳鼻科で調べていただきました。 良性発作性頭位めまい症でした。 その他に、喉の痛み、頭痛、吐き気、寒気がしていたので、同じく耳鼻科で診察していただきました。 風邪症状でした。 処方された薬が ・アストミン錠10mg(1日3回 食後2錠) ・ムコダイン錠250mg(1日3回 食後2錠) ・オーグメンチン配合錠125SS 187.5mg(1日2回 朝夕食後1錠) ・パセトシンカプセル250 250mg(1日2回 朝夕食後1錠) ・ビオフェルミンR錠(1日2回 朝夕食後1錠) ・レバミピド錠100mg「EMEC」(1日2回 朝夕食後1錠) ・ディレグラ配合錠(1日2回 朝夕食前2錠) ・ドラマミン錠50mg(1日3回 食後0.5錠) ・メリスロン錠6mg(1日3回 食後1錠) ・カロナール錠500 500mg(疼痛発熱時1回1錠1日2回まで) ・プリビナ液0.05%(鼻閉時のみ使用する 1日2回まで可) 医師や薬剤師の方に相談しましたが、授乳中にこのような種類の薬、量を飲んでも子供に影響ないのでしょうか? まだ、喉の痛み、頭痛、頭がぼっーとして重たくふらふらする、だるさもあります。 来週に耳鼻科に診察に行くことになっています。 すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。 (30代/女性)

20名が回答 検査・薬