NO IMAGE

メノエイドコンビパッチ

あすか製薬
NO IMAGE

不足した卵胞ホルモンを経皮的に補って更年期障害などに伴う症状を軽減し、さらに黄体ホルモンの一種(酢酸ノルエチステロン)を配合する ... 続きを見る ことによって卵胞ホルモンの子宮内膜への影響を軽減します。通常、更年期障害や卵巣欠落症に伴う血管運動神経系症状〔ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、発汗〕の治療に用いられます。

製品一覧

  • 1枚

関連するQ&A

Q

更年期に対するホルモン補充療法の副作用について

person 50代/女性 -

現在50才です。48才頃から更年期症状が出始め、ホットフラッシュに耐えられず、婦人科でメノエイドコンビパッチを処方されました。貼ってから1ヶ月、出血が止まらなくなり、今度は止血剤を処方され、婦人科医からは、子宮筋腫もあるし、もうパッチは使えないからガマンするしかないと言われました。 それから半年後、ホットフラッシュ、手足の痺れ、目眩、吐き気、耳鳴り、頭痛、動悸などで起き上がれない日が出てきたので、別の婦人科を受診しました。 血液検査後、まずはエストラーナテープを処方され、2ヶ月程で症状が落ち着いたからと、メノエイドコンビパッチへと変わりました。 れから1ヶ月後、また生理のような出血が3週間程続き、貧血になりそうで、婦人科を受診。問題ないと言われました。 貼り出してから5ヶ月ですが、出血2週間→また2週間後に出血2週間を繰り返しています。 気になるのは、その出血量です。 生理のような出血と、鮮血もかなり出ているようで、生理用品が追いつかない程です。 婦人科医に相談すると、ホルモン補充療法を始める時に、検査もしているので、急に病気になることは考えられないし、内診でも問題ないから、自然に治まるのを待ちなさいと言われました。 月の半分以上出血している状況で、貧血にもなりそうでツラく不安です。 別の婦人科を受診した方がよいのか、様子を見たらよいのか判断ができません。 どうか、よきアドバイスをお願いいたします。 なお、37才の時に子宮筋腫核出術を開腹でしており、現在もまた筋腫は多く、一番大きいもので4センチ程です。 (50代/女性)

4名が回答 婦人科
Q

プロゲストンの副作用

person 40代/女性 -

8月6日に更年期障害のためエストラーナテープを持続・プロゲストンを処方されました。 エストラーナテープでは問題はありませんでした。 プロゲストンを8月23日~9月3日(12日分)まで服用予定でしたが、飲み始めの初日から徐々に目眩・吐き気・食欲不振(2キロ減)・うつ状態が酷くなり、頑張って30日(8日分)は飲みましたが、辛さが耐えられなくなり、昨日かかりつけの病院に行きました。 先生は、『7日は飲んだし、辛いならやめていいです』と言われ、昨日から飲んでません。 今朝、体調は服用してた時はよりは良くなりました。 先生は、取り敢えずエストラーナテープだけで様子をみましょうと言われたのですが、 テープ単独だと癌が心配なんですがと言ったところ、1ヶ月くらいは大丈夫とのこと。 それも心配ですが、私に合う黄体ホルモン剤があるのかも心配です。 調剤薬局の方から、話を聞くと『先生は多分デュファストンを出されるかと思います』と言われたのですが、デュファストンも副作用が結構あるようで、心配です。 元々胃腸が弱いので、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチが理想なんですが、話は聞き流されてしまいました。 ・エストラーナテープの単独は大丈夫か? ・副作用の少ない黄体ホルモンはあるのか? ・エストラーナテープとメノエイドコンビパッチは休薬あり?なし? (40代/女性)

4名が回答 婦人科

このお薬の分類

薬効分類
混合ホルモン剤
メーカー
あすか製薬