NO IMAGE

デカドロン錠0.5mg

日医工
NO IMAGE

合成副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)製剤で、炎症やアレルギー症状を改善する作用や、免疫反応を抑える作用などさまざまな働きが ... 続きを見る あります。通常、免疫疾患、アレルギー疾患、炎症性疾患など、広い範囲の疾患に用いられますが、病気の原因そのものを治す薬ではありません。

製品一覧

  • 0.5mg1錠
  • 4mg1錠

関連するQ&A

Q

胸腺癌転移と抗癌剤治療中止に伴う余命の目安について

person 40代/女性 -

以前お尋ねした胸腺癌ステージ4について、経過質問です。 2015年8月の初診段階でステージ4でした。患者は70代前半男性です。 抗癌剤治療は7th(だったと思います)ラインまで進み、そして現在は次の薬がないと言うことで 抗癌剤での治療は中止、転移巣に放射線を当てる治療のみになりました。 7月中旬に脳圧が高くなったことに伴う擬似脳梗塞(?)を発症、脳圧を下げるまで認知症の様な症状を発症しました。 直ぐにCTを撮った所、これまでは無かった脳への転移を発見。そこで脳の転移巣には放射線治療、 脳圧には薬の服用で脳圧を下げ擬似認知症を改善しました。その他、肺と肝臓に転移があります。 定期的にロキソニンを服用し、痛みに対処しています。 現在服用している口径薬は下記の通りです。 デカドロン (0.5mg) リリカOD錠 (75mg) ビソプロロールフマル酸塩錠 (2.5mg) ダイフェン配合錠 ランソプラゾールOD錠 (15mg) アムロジピンOD錠 (5mg) オルメサルタンOD錠 (20mg) フリバス錠(25mg) サインバルタカプセル (20mg) ロキソニン適宜 (朝・夕食後) 酸化マグネシウム適宜 転移の有無、経口薬の種類、などから診て余命はどの位残されているでしょうか。 モルヒネ系の鎮静薬を服用しだすと満足に会話ができなくなるとネットで読みますが、 現在の状況からモルヒネ系の薬を服用し出すまで、あとどれくらいの期間だろうと思われますか? 遠くに住んでいるので、次の帰省のタイミングを計るためにも教えていただけると助かります。 年末には帰省予定ですが前倒しでもっと早くに帰省した方が良いのか、 来年の春まで一緒にいられるだろうか、どのくらいの頻度で帰省を計画するのが良いのか 目安を立てるためにもよろしくお願いいたします。 (40代/女性)

3名が回答 癌・腫瘍

このお薬の分類

薬効分類
副腎ホルモン剤
メーカー
日医工