NO IMAGE

レダコート錠4mg

アルフレッサファーマ
NO IMAGE

合成副腎皮質ホルモン剤で、副腎皮質ホルモンを補い、炎症やアレルギーを抑えて症状を改善します。通常、内分泌疾患、膠原病、アレルギー ... 続きを見る 性疾患、心臓疾患、神経疾患、腎疾患、血液疾患、胃腸疾患、重症感染症、新陳代謝疾患、皮膚疾患、眼科疾患、外科疾患など、広い範囲の疾患の治療に用いられます。

製品一覧

  • 4mg1錠

関連するQ&A

Q

気管支喘息で処方された薬が多くて驚いています

person 40代/男性 -

軽度(?)の気管支喘息で、経口ステロイド薬を含む5種類の薬をいっぺんに、また、14日分を処方されるのは一般的、または、よくあることでしょうか。 (今までにこんなに大量の薬を飲んだことがなく、不安です。) ■診察 風邪をひき、夜間に咳き込むようになったため、4日前に呼吸器内科に行きました。 まずは診察でピークフローメーターの値をみて、「喘息ですね」。 その後、肺のレントゲン、肺活量検査等をへて、やはり喘息とのこと。 ■処方された薬 気管支喘息用として テオドール錠 100mg 1回1錠(1日2回) アイピーディカプセル 100 1回2カプセル(1日2回) キプレス錠 10mg 1回1錠(1日1回) レダコート錠 4mg 1回2錠(1日1回) シムビコートタービュヘイラー60吸入 2キット 1日2回(1回3吸入) 以上14日分 あわせて、風邪薬を PL配合顆粒、メドロール錠、アストミン錠、ムコダイン錠、ジェニナック錠 以上5日分 処方されました。 (風邪薬の方は抗生剤のみ仕方ないので飲み、他は放置しています) ■不安な理由 環境再生保全機構のサイト https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/basic/adult/knowledge/medicine.html などを見ると、経口ステロイド薬(レダコート錠が該当?)は重症持続型相当の患者に使用されるようです。 医師からは私の喘息の重症度についてコメントはありませんでしたが、今回の症状を照らし合わせてみるに、軽症間欠型またはせいぜい軽症持続型程度ではないかと思っています。 軽症でも最初にこれら5種類(またはそれに類する薬5種類)程度が処方されるのは一般的、またはよくあることなのかどうか見解をお聞かせいただけますでしょうか。 (40代/男性)

5名が回答 呼吸器・喘息
Q

咳喘息と言われ薬が多数あり服用後動悸が酷いです

person 20代/女性 -

12月に風邪を引き風邪は完治。 そのご1月8日以降から咳と喉のムズムズ感が抜けず 色んな病院に行き検査や薬を飲んできました。 が、原因は副鼻腔炎、百日咳、胃酸性逆流の咳 などと診断が下りその治療も行い改善が見込めず。 アレルギーは食べ物以外検査してハウスダストやダニカビ含め全部陰性。全体的なIge抗体113.CRP0.8以下、肺炎、結核等の炎症反応も否定。百日咳抗体1回目45で幼少期ワクチン接種済み、胸部X線異常なし。呼気No11PP、逆流性食道炎持ち。フロボリューム検査で咳のPEFR、予測7.27実測6.09 %84 で咳の値が悪いです。と東京のとある喘息で有名な病院で 言われ薬を出されました。 アドエアエアゾール250朝晩2吸入 プレドニン5mg 朝晩2錠5日間 レダコート4mg朝晩2回2錠〔3日間〕→3日終了後レダコートレダコート4mg.3日間就寝前1錠 計5日間 タリオン10mg朝晩1錠 ムコダイン500mg朝晩1錠 アイビーディカプセル100 朝晩2回 シングレア→就寝前1錠 胃が弱いため→ネキシウムカプセル 夜1錠 飲むように言われ昨日病院受診して帰宅後の夜 早速全部服用後、アドエアエアゾール吸入の性なのか わかりませんがその前にプレドニンも飲んだので 心臓の動悸が酷くて結構じっとしているとバクバクして息苦しくありません プレドニンなどは強いとききますが結構な量を出され 貴方は咳喘息で喘息まで行ってないけど咳が重症だから と言われてこの処方です。 確かに咳や喉のムズムズはもう2ヶ月も続き辛かった んですが昨日点滴までやりました。ステロイド点滴二本小さいのと気管支拡張薬の薬をやりました。 朝起きても脈は早くて若干バクバクします。 病院に問い合わせして薬を聞いた方が よろしいでしょうか? 飲んだあと咳や喉のムズムズはなくなりましたが、 動悸が、、。効きすぎているような気が。 至急回答頂けたら助かります。 (20代/女性)

7名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
副腎ホルモン剤
メーカー
アルフレッサファーマ