NO IMAGE

ハイセチンP軟膏

富士製薬工業
NO IMAGE

タンパク質合成阻害型の抗生物質、アミノグリコシド系抗生物質、抗炎症作用を有するステロイドの配合剤で、抗菌作用を示します。通常、深 ... 続きを見る 在性皮膚感染症、慢性膿皮症、湿疹・皮膚炎群、外傷・熱傷および手術創の二次感染などの皮膚感染症の治療に使用されます。

製品一覧

  • 1g

関連するQ&A

Q

受診して1ヵ月以上カンジダが治らず困っています。

30代/女性

膣カンジダが治りません。 8月初めに陰部の激しい痛みと痒みで産婦人科を受診、内ももやおしりにまで赤みと痒みがある状態で、ヘルペスの検査は陰性。カンジダだろうとリンデロン軟膏のみ処方されましたが、かなり悪化してしまいました。 たまらず再度受診すると、効果ないならと診察もせずマイコスポールを処方されましたが、あまりの刺激と辛さの為、別の婦人科を受診しました。 その時にネオマレルミンTR錠とハイセチンP軟膏を処方されました。ハイセチンを塗るとかなりの灼熱感で、病院に電話すると、菌を殺す為なのでしばらくは我慢するよう言われましたが、1週間たっても改善されるどころか、また悪化し、かなりかぶれてしまいました。 再度受診すると、ハイセチンが効果があるんだけどと言われましたが、どうしても我慢できないと伝えると、エンペシドクリームとエルシド膣錠を追加され、2週間使用しましたが、あまり改善されず、だるさ、胃痛、全身の蕁麻疹まで出てきました。 先生に相談しましたが、胃痛は関係ないし、蕁麻疹はアトピーだろうから、皮膚科へ行く様に言われました。 痒みを抑える薬もお願いしましたが、今処方してるのが痒み抑えるから、必要ないとも。 カンジダも改善されないため、その時にナイスタチン錠も追加で処方されると1週間程すると少し症状が落ち着いてきましたが、まだ陰部と全身の痒みが引きません。 ハイセチンは陰部以外の痒い所に塗れば治まると言われましたが、ハイセチンを塗るとやっぱり灼熱感があります。 ネットで調べると症状的に腸カンジダになってたんだろうと思うのですが、先生は陰部以外の痒みはカンジダのせいではないと言われます。 毎週通院してますが、診察は毎回1分程で終わります。 もう1ヵ月以上、外出もろくに出来ない程の症状で仕事も行けてません。 病院を変えるべきでしょうか。 長文ですみません。 (30代/女性)

2名が回答 婦人科

このお薬の分類

薬効分類
化膿性疾患用剤
メーカー
富士製薬工業