NO IMAGE

ピムロ顆粒

本草製薬
NO IMAGE

大腸で腸内細菌の作用によりレインアンスロンとなり瀉下作用を発現し、腸管の緊張を低下させます。通常、便秘(ただし、痙攣性便秘は除く ... 続きを見る )の治療、駆虫剤使用後の下剤に用いられます。

製品一覧

  • 1g

関連するQ&A

Q

1週間右下腹部の内部から圧迫される痛続いています

person 30代/女性 -

2017年10に人間ドックでバリウムを飲みました。バリウムの少量が腸内に残留することは、よくあることですか? 必要なら婦人科でも診てもらおうかと考えています。 (人間ドック後即下剤2錠服用し、数時間後に便意があり、翌日までには全部出し切った感じがあります。) 5/24から右下腹部に、内部から圧迫されるような痛みが続いています。明け方頃、この痛みで目が覚めました。 翌日は仕事が休みでしたが、痛みでベッドから起き上がることも出来ませんでした。 土日月は仕事で、なんとか出勤はしましたが、制服のスカートで腰周りが圧迫されることもあり、お辞儀など前屈みになると、ひどく痛みました。 また、この痛みは断続的で波があり、月曜日には右腰に激痛が走りました。 この間、発熱はなく、食欲も通常通りです。 最後の生理も5/8~5/15と、生理痛による痛みとは異なります。 現在は右腰部分の痛みも強く、寝返りができず、ずっと左側に体を向けていないと寝つけません。 5/29に総合病院でCTスキャン、血液検査、尿検査を行い、診断してもらいましたが、特に異常は見つかりませんでした。 虫垂部分がバリウムで真っ白に映っていて、恐らくそれが原因ではないかとの見解でした。 ピムロ顆粒6回分、ロブ錠60mgとレバミピド錠100mgをそれぞれ10回分処方してもらいました。 (30代/女性)

5名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
下剤、浣腸剤
メーカー
本草製薬

このお薬の分類

薬効分類 下剤、浣腸剤
メーカー 本草製薬