NO IMAGE

ルプラック錠4mg

田辺三菱製薬
NO IMAGE

腎臓の尿細管において水や電解質を体外に排泄させ、尿量を増やす作用があります。むくみを改善します。通常、心性浮腫や腎性浮腫、肝性浮 ... 続きを見る 腫の治療に用いられます。

製品一覧

  • 4mg1錠
  • 8mg1錠

関連するQ&A

Q

教えてください。

person 70代以上/女性 -
2名が回答 婦人科
Q

教えてください

person 70代以上/女性 -

こんばんは。いつもお世話になっております。私の母の事です。血圧の薬、ルプラック4mg、メインテート2.5mg、レニベース2.5mg、アルダクトンA25mg、ラシックス20mgを1日に1回、朝食後に、各1錠ずつ服用中です。過去に大動脈乖離や慢性うっ血性心不全、右手首骨折にもかかり入院歴があります。 母が、処方していただいている飲み薬をすべて飲むと、やはり、めまい・ふらつきの症状があり、だるいだるいと言ってきます。この薬は大きな総合病院の先生に処方していただいたものなのか、かかりつけの先生の処方だったのか覚えていません。日常生活が大変そうです。あとは、ケタスカプセル10mgと、メコバラミン500を1日3回毎食後、各1錠ずつ服用しています。かかりつけの先生に母が、何度か薬の減量をお訊きしたのですが、薬は減らせない?と、おっしゃったそうです。大きな総合病院は、かかりつけの先生の紹介状が無いと問診ひょうの情報だけでは、全然わからないと、おっしゃって、かかりつけの先生で診てもらってくださいと言われてしまいました。かかりつけの先生では最近、心電図と胸のレントゲンと採血と握力検査、身体計測と血圧測定をしました。どうしたらよいでしょうか? 1人暮らしの母に早く元気になってもらいたいのですが、すみません何かアドバイスをいただけたらありがたいです。再度よろしくお願いいたします。 (70代以上/女性)

5名が回答 検査・薬
Q

低血圧かつ徐脈状態でのアーチスト服用について

person 40代/男性 -

48歳男性です。8年前、職場の健康診断において、心拍のリズムが乱れているとの指摘を受け循環器科を受診、通常の心電図の他、レントゲン、ホルター、エコー、CTの各検査を受けましたが、徐脈気味で心臓が少し大きいが特に異常はなしとの診断を受けました。 3か月前、一過性の脳梗塞を発症、幸い、後遺症は全くありませんでしたが、その入院時に心臓の肥大と不整脈を指摘され、退院後、8年ぶりに循環器科を受診したところ、エコーで左心室の拡張とEFの低下(40%)が発見され、投薬治療(バイアスピリン100mg、ランソプラゾール15mg、エナラプリルマレイン2.5mg、ルプラック2mg1日各1錠)が開始されました。そして先日、カテーテル検査を受け、冠動脈に異常がないことが確認されたのですが、今後は核医学検査のあと、今飲んでいる薬に加えて、アーチストを使っていくとのことです。 脳梗塞発症前、けっこうな量の酒(日本酒換算1日4~5合)を飲んでおり、その頃の血圧は150-95くらいあったのですが、脳梗塞発症後は全く飲んでおらず、循環器科での投薬治療が開始される前には110-70くらいになっていました。最近は安静にしていたり、夜、寝る前などは上が100を切ることもあります。心拍数も50を切ることもあり、こんな低血圧、徐脈状態でアーチストを飲んでしまってもだいじょうぶなのでしょうか? (40代/男性)

8名が回答 心臓・高血圧

このお薬の分類

薬効分類
利尿剤
メーカー
田辺三菱製薬