NO IMAGE

ナボールSRカプセル37.5

久光製薬
NO IMAGE

非ステロイド系の鎮痛消炎剤で、炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を阻害して、炎症を抑え、痛みを和らげます。通常、関節リウマ ... 続きを見る チ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群の治療に用いられます。

製品一覧

  • 37.5mg1カプセル

関連するQ&A

Q

肩から指先にかけての激痛と痺れは治りますか?

person 40代/女性 -

2年程前から、肩甲骨から腕にかけての激痛と、手や指の痺れに悩まされております。 痛みのため、眠れない日もあります。 1年半ほど前にある病院では、ウイルスが原因と抗生剤を処方され、治らないため、他の病院では、頸椎神経根性と診断され、痛み止めを処方されました。 薬が効いたという実感はまるで無く、1ヶ月以上飲み続けても効果が無い為、薬を飲まなくなり、そのうち痛みや痺れが弱くなり、最近では弱い痺れだけになってました。 しかし、1週間ほど前から、再びジクジクした痛みを肩甲骨に感じ始め、3日ほど前から、家事が出来ないほどの痛みに襲われたり、昨日は眠れないほどの激痛でした。 友人の紹介で、本日、ペインクリニックに診察に行きました。 診察はレントゲン検査のみで、「骨が少し変形してて、神経が圧迫されて炎症を起こしてる」といわれ、処方された薬は、トリプタノール10ミリという抗鬱剤と、サイトテック錠200ミリ、ナボールSRカプセル37.5ミリでした。 同じ症状なのに、毎回診断が変わり、処方される薬も違います。 特に今回処方された薬は、強い部類の薬らしく、副作用なども心配です。 今回質問したいのは、なぜ、医師によってこんなに診断が違うのでしょうか? この薬でこの病は治るとでしょうか? とにかく、この痛みが辛いです。 ご回答よろしくお願いします。 (40代/女性)

1名が回答 頭・神経
Q

足の打撲の治療について

person 30代/女性 -

先週の日曜(6月20日)に駅のホームで真っ直ぐうつ伏せに転び、左足の膝の下をひどく打撲、右足膝も打撲しました。 (骨折、ひび等はありません) 特に左足膝下は痛みがひどく、当日は左足は地に着けない状態でした。 冷湿布の上に、マジックベルトで止めるタイプのサポーターをし、炎症止めの飲み薬を飲み、翌日には足も着ける様になりましたが、しかし今でも患部は少し腫れて青く、押すと一ヶ所が痛く、歩く時に時折その部分が少し痛む状態です。 1、昨日土曜から、温熱療法に切り替わりましたが、まだ腫れがあって青く痛いのに、温めて良いのでしょうか? 2、温熱療法で温めたのに、家では冷湿布を貼るよう言われてますが、矛盾していませんか? 3、サポーターは火曜ぐらいまでするよう言われてますが、長くしていると、返って太ももなどの筋が突っ張って痛くなりました。まだしていなければいけませんか?サポーターは、膝の部分が抜けてて、膝の上と下を固定するタイプです。腫れている患部の上をキツく固定するのも、良くないのでは?と不安です。 4、炎症止め(ナボールSRカプセル37.5)は今日で一度切れ、明日からもまた飲み続けても良いと言われましたが、そんなに長く飲んだ方が良いでしょうか? 以上、疑問が4つもあり恐縮ですが、お答え頂ければ幸いです。かなり強く打ってしまっただけに、後で症状が何か残らないか心配でして…。よろしくお願い致します。 (30代/女性)

1名が回答 整形外科

このお薬の分類

薬効分類
解熱鎮痛消炎剤
メーカー
久光製薬