Q

突発性血小板減少紫斑病について

今年の8月首のあたりのリンパ部が腫れ熱が出たため病院にて診察を受け念のため血液検査を受けると血小板数値が1万弱だったため緊急入院しました。
しか首の腫れがとれるとともに自然に血小板が増えたため退院しましたが、また2週間後に血液検査した結果血小板数値が六千と減少していたためまた入院しました。今度はプレドニン一日35�を投与し血小板がまた増えたので退院し今は週一回の通院をしていますが血小板がだいたい一ヶ月くらいの周期でだんだんあがったり下がったりしています。プレドニンの量は血小板が増えると減らすのですがまた下がると増やすという状態です。実は平成15年9月に乳がんの手術(右乳房全摘出)を受け今年8月までゾラデッィクスを注射、現在ノルバディックスDを飲んでいます。抗癌剤で免疫がおかしくなったのではと乳がんの方の主治医に尋ねたのですが今までホルモン剤で血小板減少になった症例がないとのことでした。しかし知人がくすりの本でノルバディックスDの重い副作用として血小板減少があると調べてくれて血液内科の先生にも聞いてみたのですがもし副作用なら血小板の数値が上がったり下がったりしないで一定に下がっているはずだとの答えでした。
本当にノルバディックスDの影響は関係ないのでしょうか?もし関連があるならば違うホルモン剤を使う事は可能でしょうか。

質問者:あややひめ007 さん

子持ちの小児科医 先生
小児科

子持ちの小児科医 先生

確かにノルバディックスで血小板減少が起こる可能性はありますが、これは骨髄抑制のために起こるので、周期的に増えたり減ったりするのではなく減りっぱなしになると思われます。
又、免疫的な異常で血小板が減少することもありますが、この場合には原因が様々で、薬以外でも感染症(風邪も含む)や癌自体が原因で起こることもあります。今回の場合でもノルバディックスだけが原因とは考えづらいです。
実際に検索したところ、乳がんでノルバディックスを使用していた患者さんで血小板が減少したという報告が1例ありましたが、これも癌が原因であろうと考えられています。

あややひめ007さん

ノルバディックスが原因なのかと不安を感じてておりましたが少し安心しました。今のところ癌の再発転移の兆候はないのですが(骨髄検査もしました)癌が原因のことがあるとのことでやはり一抹の不安がありますが・・・。完治が難しい病気なので病院治療だけでなく自分自身免疫を高める努力をして少しでも病状をよくしていきたいと思っています。
お忙しい中ご意見ありがとうございました!

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。