Q

肺がん・ステージ�期の治療法について

家族が肺がんのため治療中です。最善の治療方法について教えてください。
患者概要:女性、57歳、原発性肺がん(腺がん)のステージ期(脳、肋骨転移あり)
現状:10月末よりイレッサの投与を開始し、原発がんの縮小が認められている。なお、脳には全照射の放射線治療を10回行った。現在、自宅にて処方された薬を飲みつつ、通院中。日常生活上、身体の運動能力には問題ない。
新聞等では、ナノを活用した技術や抗体医薬等、効果的な治療方法が開発されつつあるようですが、これらの見通しなどもご教授いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

質問者:mikuri さん

まえだクリニック 前田 正彦 先生
肝臓内科

プロフィールを見る

前田 正彦 先生

最初からイレッサでしょうか。
抗がん剤の点滴の多剤併用療法とかは説明は無かったのでしょうか。
抗体医薬には詳しくなくてよくわかりません。

mikuriさん

最初からイレッサです。
担当医より、抗がん剤の投与とイレッサの二つを選択するように説明を受けました。
元々白血球が少ないこと(健康時:2200〜2800)、EGFR遺伝子の変異が陽性であり、非喫煙暦、女性、腺がんという、イレッサの効きやすい条件を備えておりましたので、イレッサの選択をいたしました。
なお、イレッサによる副作用は、現在投与から1ヶ月経過したところ、足の爪の異常、発疹、吐き気、呼吸の乱れ、頭痛などがありますが、いずれも程度は軽度のようです。
イレッサの場合、耐性化の問題があるとうかがっておりますので、今後の効果的な治療の進め方にはどのようなものがあるでしょうか。
よろしくお願いします。

mikuriさん

先日、イレッサを投与して1ヶ月の状態をCTにより

確認いたしました。

原発の肺がんは、おおよそ3分の1くらいに縮小しており、経過は良好とのことです。

また、担当医からは、以下のような説明を受けました。

「今後も、イレッサによる治療を続ける。

しかし、イレッサは約半年くらいで耐性化し、

効果がなくなるという特徴がある。(個人差にもよる)

耐性後は、抗がん剤による治療を考えている。」

抗がん剤の場合、白血球が少ないこともありますので、

副作用がとても心配です。

他には、効果的な治療方法は無いのでしょうか?

未承認薬のアバスチン、ターセバといったお薬もあるそうですが、これらについてのご意見などもお伺いできれば幸いです。

素人が、聞きかじっただけの情報で申し訳ございませんが、ただ家族を助けたい!という一心でございます。

どうか、先生方の貴重なご意見を、よろしくお願いたします。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。